シン・エヴァ1周年記念!生特番配信と個人的振り返り

『シン・エヴァ』の1周年を記念した生特番が本日配信されます。シン・エヴァ公開から1年となる記念日なので、個人的にこの1年を簡単に振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

新劇場版の完結から1年

本日、2022年3月8日は『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開から1周年となる記念日です。興行収入100億円を突破し新劇場版シリーズの完結として有終の美を飾ったシン・エヴァですが、公式でも告知されている通り、本日19時より1周年記念特番としてTwitchにて映画の同時鑑賞会が開催されます。

引用:エヴァンゲリオン公式HPより

この特番では『シン・エヴァ』本編の配信のほか、あらかじめ募集された庵野監督やスタッフへの質問に対する回答が公開される予定です。

同時鑑賞会/Watch Partyを視聴したい場合には、AmazonプライムアカウントとTwitchの登録およびそれらの連携が必要となっております。プライムアカウントを持っていない場合は、ナビゲーターが配信する番組のみ視聴可能となっております(事前質問への回答はこちらでも視聴可能)。プライムアカウントは年間だけでなく月額500円でも加入できるので、番組だけ観たい場合にはそちらに加入しておきましょう。

事前質問については当初予定されていた質問受付期間は数が多かったため短縮されましたので、私も送っておりますが採用確率は低そうです。記念に採用されたら嬉しいくらいの感覚でしょうか。それよりもエヴァファンの方々がどんな質問を投げるのか、それに対する回答はどうなのかが気になります。

公開から1年のエヴァ思い出

1周年記念ということで、2021年の公開時からエヴァ関連を振り返ってみます。

公開日前日となる3月7日は、翌日に備えて夕方から映画館近くのホテルに泊まって待機してました。

明日はいよいよ『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開日
明日の公開に向けて、思ったことなどを書いてます。

月曜日公開初日という異例もありましたが、一番最初の上映が午前7時でしたので前日から乗り込んだほうがいいだろうと思ってホテルをとりました。アマゾンプライムビデオでは冒頭の12分10秒を公開日前日の夜から独占配信したりと気になることはありましたが、結局は映画館で観ることを優先したためこちらを観ることはありませんでした。緊張とドキドキであまり眠れなかったのですが、翌朝早起きしてもまったく眠くなることはなかったのを覚えております。

そして、いよいよ公開初日。小雨が降るなか映画館に並び、6時の入場開始とともに劇場に入ります。

【ネタバレ無し】『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観てきました
シン・エヴァ公開初日の感想。ネタバレ無しです。

とにかく最初はグッズ売り場が混雑しており、ある程度並んでいましたが上映スタートに間に合わないと思い途中で断念。レジにたどり着くことができなかったのを覚えています。なお、上映終了後、売り場を見たら、あらかたグッズは無くなっておりました。

上映中はとにかく画面に集中。前のほうの座席だったので首が痛かったですが、とにかく一気に観ました。上映後に拍手が起こった空気は忘れられないでしょう。

この後は観れる限りのシン・エヴァを観ようと時間と上映の種類を変えて3回観たので、初日だけで合計4回もシン・エヴァを観ることに。

シン・エヴァ公開初日・各回の鑑賞券

シン・エヴァ公開初日・各回の鑑賞券

上映時間が長いのと夜間の上映がなかったため、これが1日で観れる限界でした(腰も限界だった)。ただ、頑張りすぎたためか、エヴァへの気持ちが燃え尽きすぎてサイトの更新をする気力まで失ったのは誤算でしたが。

初日の上映終了からはキャスト・スタッフによる舞台挨拶が開催。劇場だけでなく、全国の映画館にも中継されましたのでご覧になったファンも多かったかと思います。

シン・エヴァ舞台挨拶の鑑賞券、チケット

3月・4月・6月・7月と立て続けに行われ、ファンを喜ばせてくれました。とくに庵野監督が舞台挨拶に登場した3月と7月は監督の話しがナマで聞ける貴重な機会でした。

そして7月21日、シン・エヴァの劇場上映が終了(一部映画館では引き続き上映)。最終日は初日と同じ映画館へシン・エヴァを観に行きました。

本日終映となった『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観てきました
本日、終映を迎えた『シン・エヴァ』を観てきたレポです。

この時点で興行収入は100億の大台を突破。エヴァシリーズとしてはもちろん初ですが、庵野監督作品としてもロボットアニメとしても初の100億超えで有終の美を飾りました。

『シン・エヴァ』興行収入100億円を突破!おめでとう!!
ついに大台を突破したシン・エヴァ。お祝いメッセージや歴代興行収入などをまとめてみました。

なお、個人的にはこのあと新宿バルト9の公開最終日である8月26日の最終上映時にも映画館でシン・エヴァを観ております。

新宿バルト9の最終上映の鑑賞券

さらに11月からは東京の六本木で【庵野秀明展】が開催。その記念に特別上映会としてTVアニメ版エヴァ全話と旧劇場版3作品、さらに新劇場版4作品(と庵野監督の劇場4作品)が連続で上映されました。

【庵野秀明展】開催記念特別上映会の一日目を観に行ってきました
【庵野秀明展】の開催を記念した特別上映会の一日目レポート。初日はTVアニメ版エヴァの第1~6話までの上映でした。

最終的に14日間で上映された全ての作品をコンプリート。さすがに色々な意味でやばかったですが、エヴァ完結の年だからこそできたと思っております。

庵野秀明展の上映会。映画館で上映された全作品のチケット

庵野作品上映会のすべての上映作品チケット

そして年末の12月31日は、神奈川県にあるチネチッタでシン・エヴァを鑑賞。改めて2021年は最後の最後までシン・エヴァとエヴァシリーズに奔走していたと思います。

2021年最後の日に『シン・エヴァ』を観に行ってきました
2021年最後の締めくくりに『シン・エヴァ』のイベント上映をチネチッタへ観に行ってきました。

振り返ってみると、完結の年にこれだけ動けたのは個人的に満足しております。これ以外にもプライムビデオでシン・エヴァが配信されてからはたびたび観ておりますから、本当に何度観たかわからないくらい熱中できました。『Q』公開からずっと待っていただけあって、観たいだけみれたという充実感があって幸せです。

オマケその1。以前も紹介しましたが9月2日の日経新聞のアマゾンプライムビデオの広告に、シン・エヴァの広告と投稿されたレビューが掲載され、その中で自分がアマゾンで書いたレビューも掲載されました。もちろん本名じゃありませんが、これも大事な記念になりました。感謝しております。

日本経済新聞2021年9月2日 アマゾンプライム シン・エヴァレビュー広告

引用:日本経済新聞2021年9月2日より

オマケその2。シン・エヴァ公開後、一躍エヴァの聖地となった宇部新川駅の切符。シン・エヴァ公開日の日付入りなので記念に持っております。

シン・エヴァ公開日の日付が入った宇部新川駅の入場切符

シン・エヴァ公開日の宇部新川駅の入場切符

1周年記念日のエヴァストア池袋店内の様子

今日はシン・エヴァ1周年記念日ですから、せっかくなのでエヴァストア池袋店にも行ってきました。毎度おなじみ、綾波レイとサイン入りポスターはまだ掲示されてました。

エヴァストア池袋店 シン・エヴァ1周年記念日

エヴァストア池袋店 シン・エヴァ1周年記念日

店内は到着時はほとんどお客さんがいませんでしたが、そのうち集団でこられてました。ただ、全体的に静かで結構意外でした。

エヴァストア池袋店 シン・エヴァ1周年記念の店内の様子

エヴァストア池袋店 シン・エヴァ1周年記念日の店内の様子

ちなみにグッズはちびアスカグッズを購入。あと、本日予約開始のシン・エヴァのアニメーション原画集を予約してきました。今から発売が待ち遠しいです。

ちびアスカグッズ。クリアファイルとマグカップとぬいぐるみ

ちびアスカグッズ。クリアファイルとマグカップとぬいぐるみ

末永く語り継がれる作品に

以上、シン・エヴァ公開から1年を自分なりに振り返ってみました。とにかくシン・エヴァ含めエヴァシリーズを劇場で観まくった1年だったと思います。前述した通り、ここまで楽しめたのは幸せでした。

今後も5年・10年とエヴァンゲリオンという作品が語り継がれることを、いちエヴァファンとして願っております。個人的にはエヴァグッズを集め続けられる限り続けていきますが、収集とブログでの紹介を両立させられるよう頑張っていきたいです。