2022年、あけましておめでとうございます。

『シン・エヴァ』海辺・青 B1ポスター反転バージョン

今日から2022年。新しい年を迎え、今年の抱負や福袋情報なんかをまとめております。

スポンサーリンク

【アフターエヴァ】の年へ

2022年あけましておめでとうございます。今年も当サイト【エヴァコレクターの日記】を、どうぞよろしくお願いいたします。

去年の元旦の記事では「今年こそエヴァ完結の年へ」と書いてましたが、実際にエヴァは2021年に無事完結しました。1997年の旧劇場版で作品がいったん終わって以来の【アフターエヴァ】を迎え、当時の何ともいえない寂しさと満足感を思い出します。

2021年、あけましておめでとうございます。
いよいよ新劇場版シリーズが完結する2021年の始まり。

といってもエヴァンゲリオンとコンテンツ自体が消滅したわけではもちろんなく、これからも色々な展開を見せてくれるかと思います。これについてはエヴァのファンサイトである第二発令所さんもおっしゃってますが、私も単発でエヴァの新作は作られていくのではと思っております。

ただ、エヴァの人気は作品というよりシンジ・カヲル・アスカ・レイ・マリというメインキャラに依存している部分が大きいと思ってますので、(ストーリー的にも)キャラの世代交代やガンダムシリーズのような展開はできないと考えます。

現在のエヴァはRADIO EVAや様々なコラボなど、キャラクターや映像作品だけに頼らないブランド構築を進めてますが、それでも実際に人気を維持していくのは相当ハードルが高く、どうしてもメインキャラの誰かを中心にしたものでないと、今までのような人気を維持するのは難しいかなとも思います。そして、新作の供給がなければ、コンテンツとしては目に見えて衰退していくでしょう。それは前回の完結後のエヴァを見ていれば容易に想像できます。

ただエヴァは新作のネタがないわけではなく、誰しもがパッと思い浮かべる【空白の14年間】はシンジが不在のためにお蔵入りになったと庵野監督もおっしゃってましたが設定や『:破』の予告映像にもあったことですし、いつかは映像化してもらえたらと期待しております。あとちょっとした変化球ですが『エヴァンゲリオンANIMA』の映像化も密かに待ってます。原作と同じくらい壮大なスケールですし、いっそ全編3D作品でも見ごたえありそうです。

さて、妄想はこのくらいにして、恒例となっている株式会社カラーとエヴァ公式のツイッターを紹介します。エヴァの公開間近だった昨年とは違い、なんとなく落ち着いた雰囲気があります。

このツイッターから新しいエヴァンゲリオンの展開が発信されることを楽しみにしております。

恒例の福袋は予約分完売

毎年エヴァストア各店で販売されている福袋ですが、今年も昨年と同様事前の予約制ですでに完売しております。

ただ、1月2日の初売り当日の販売分もあるとのことですので、予約できなかった人も当日行けば買えるかもしれません。当日行ってみると案外余っていたりする時もありますが、逆のときもあってどっちともいえないのがもどかしいです。

私も毎年エヴァストアの初売りに行くのが恒例になっているので、新作グッズを探しに行ってみようかと思っております。

描きおろしイラストはヒロインの3人

こちらも恒例となっているお正月の描きおろしイラストですが、昨年は和装のシンジとカヲルでしたが、今年はレイ・アスカ・マリの3人ヒロインが一挙に登場しました。

ここ数年は毎年1名ずつの描きおろしでしたので、一挙投入は贅沢だなと思います。このイラストを使ったグッズも展開されますが、定番のクリアファイル・アクスタ・タオルの3種類だけとちょっとおとなしい印象です。

こちらは売り切れる心配はないと思いますので、のんびり購入していけばいいかなと思います。

最後に

というわけで、新年最初の更新でした。

昨年はとにかく『シン・エヴァ』でのシリーズ完結にすべて持っていかれた印象で公開後はかなり気が抜けてしまい、本当は更新を続けようと思っていたのが全然手につきませんでした(それどころかサイトの閉鎖も考えるほど)。

また、プライベートや仕事もあってあわただしく、モタモタしている間に年末になってしまった印象です。それでもエヴァ関連のイベントにはそれなりに行けたのでよかったですが、今年こそはグッズの収集とサイトの更新に力を入れていきたいです。

また、収集したグッズの整理を物理的にもデータ的にもやらなければと思っております。エヴァはひとまず完結してしまいましたが、このサイトはこれからもできるだけ更新していきますので、今年もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。