2021年、あけましておめでとうございます。

『シン・エヴァ』線路のポスター

今日から2021年。新年のご挨拶や恒例の福袋情報などを紹介しております。

スポンサーリンク

今年こそエヴァ完結の年へ

2021年あけましておめでとうございます。今年も当サイト【エヴァコレクターの日記】を、どうぞよろしくお願いいたします。

昨年の元日には、2020年はエヴァンゲリオン25周年記念と『新劇場版』シリーズ完結の節目の年と思っておりましたが、まさかコロナウイルスによって完結が年越しするとは思ってもみませんでした。今年こそ『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開され、完結を見届けられると信じております。

元日恒例のスタジオカラーとエヴァ公式ツイッターでは、どちらも公開まであと22日に迫った『シン・エヴァンゲリオン劇場版』について触れており、ファンとして日に日に期待値が上がっております。

しかし、1月1日の国内コロナ感染者数は3,200人以上と依然増加傾向にあり、2度目の緊急事態宣言の声も日を追うごとに高まっております。もし、緊急事態宣言の再発令があれば『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開も再延期される可能性が非常に高いです。

作品は完成し、ファンも公開を待つだけですが、現時点でも無事に公開されるかはまったくわかりません。ファンとしては、信じて待つしかないのがなんとももどかしいです。

今年の福袋は事前予約

恒例となっている福袋についてですが、今年はコロナの感染対策としてエヴァストア各店舗(池袋/新宿/大阪/博多)とも事前の予約制となりました。

昨年の12月27日から店舗で予約を受け付けており、そこで完売しなかった分だけが店頭に並ぶようです。また、箱根湯本えう”ぁ屋とEVA STORE LIMITED@ELM五所川原では店頭での販売がありますが、五所川原では抽選となったりと各店舗ごとに細かく条件がついていて結構複雑になっております。

すでに事前予約で完売している店舗もあるようですので、購入を考えている方は公式ツイッターなどであらかじめ確認しておきましょう。

なお、 RADIO EVAの福袋に関しては完全に事前抽選販売となっており、店頭での販売はないようです。すでに抽選も終わって当選者には連絡が行っているそうですから、落選した人は諦めるしかないようです。

コロナ禍にあってどこも悪戦苦闘しておりますが、それにしても事前来店の(抽選)申し込み→当日の来店販売になるのは例年にはないハードルの高さです。

今年の描き下ろしはシンジとカヲル

さて、こちらも恒例となっているお正月の描き下ろしイラスト&グッズですが、今年はシンジとカヲルの記念イラストが登場しました。

数年間続いた振袖シリーズは昨年で完結したので今年は何が来るかと楽しみでしたが、アスカやレイのヒロインズではなくシンジとカヲルが来たのは意外でした。この描き下ろしイラストを使用したクリアファイルやアートケットが発売されますので、エヴァストアに行ったときにはゲットしておきたいですね。

また、【2021年丑年フェア】として、お正月にエヴァストアで買い物をするともらえるポストカードは今年も登場。この記念イラストを使ったポストカードが1,000円以上の買い物でもらえますので、こちらも忘れずにゲットしておきましょう。

最後に

というわけで、新年最初の更新でした。

今年はまず今月の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が無事に公開されるのかがとにかく気になります。万が一、緊急事態宣言の発令となれば、時期的に公開直前での再延期でしょうから関係者の方々は非常に混乱するでしょう。ただでさえ大変な時期に無用の混乱を避けるためにも、国には緊急事態宣言の発令基準など示してもらいたいです。

そうでなくても今の政治は色々なところで責任逃れをしているような行動や言い回し(“国民へのお願い”ばかり)が目立っており、何のために政治家がいるのかわからない状況です。国民へ行動の指針を示すのは政治の重大な使命ですから、もっとしっかりと責任を持って仕事をしていただきたいものです。

などと新年早々愚痴を言っておりますが、今年も色々なエヴァグッズを頑張って紹介してきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。