20周年記念版『エヴァンゲリオン・クロニクル』がまさかの休刊に・・・

公開日:2015年03月29日│更新日:2015年04月05日│[雑記]

全60号で刊行予定が、わずか5号で休刊。

エヴァンゲリオンクロニクル 20周年記念版 コンプリート 休刊

2月24日から刊行がスタートしたばかり

デアゴスティーニから20周年記念版として、2月24日より刊行がスタートしたばかりの『エヴァンゲリオン・クロニクル』。
2006・2010年に続いて3回目の刊行となる今回の『エヴァンゲリオン・クロニクル』シリーズでは、過去最長となる全60号を予定しておりました。

私は新訂版をコンプしていますし、また“エヴァのBlu-ray BOXよりも高い百科事典”だったため最初はスルーする予定だったのですが、エヴァイヤーの記念ということで、結局定期購読を申し込んでおりました。

そのうち新訂版との違いを記事にしようと思っていたのですが、本日自宅に第5号が届いてみて驚きました。

なんと、この第5号をもって休刊するお知らせが・・・

エヴァンゲリオンクロニクル 20周年記念版の休刊のお知らせ 5号をもって休刊となった
(引用:「エヴァンゲリオン・クロニクル20周年記念版」 第5号巻末)

こちらは同封されていた「休刊のお詫び」。
“諸般の事情により”休刊することが書かれています。

エヴァンゲリオンクロニクル20周年記念版休刊のお知らせ

過去2回のエヴァンゲリオン・クロニクルの発売時にはこんなことが無かったので、非常にビックリしました。
理由はまだわかりませんし、公式HPにも特に告知はありません(公式HPにて「休刊のお知らせ」がありました)。

s-435443
(引用:「エヴァンゲリオン・クロニクル」 公式HPより)

定期購読を申し込もうとすると、申し込み受付が終了した旨が書かれています。

s-512345215
(引用:同上)

今後、公式HPでも何かしらの告知はあると思いますので、休刊の理由がわかればここでも紹介したいと思います。

※追記:公式HPに「休刊のお知らせ」が掲載されました。

エヴァンゲリオンクロニクル20周年記念版休刊のお知らせ 公式ホームページでの告知
(引用:同上)

ちなみに創刊号には今後の刊行予定がありますが、第5号までしか載っておりません。

エヴァンゲリオンクロニクル 20周年記念版の刊行予定。5号で休刊
(引用:「エヴァンゲリオン・クロニクル20周年記念版」 創刊号8ページより)

ただこれは単純に告知スペースの問題だけだと思いますので(新訂版の創刊号にも刊行予定は第5号までしかありませんでした)、やはり理由は別にあると思います。

いずれにせよ、全60号を予定していた『エヴァンゲリオン・クロニクル』は、リリースからわずか1ヶ月で休刊となってしまいました。

新訂版と20周年記念版の違い

せっかくですので、新訂版と20周年記念版の比較を簡単に紹介したいと思います。
左が新訂版、右が20周年記念版の第2号です。

エヴァンゲリオンクロニクル 新訂版と20周年記念版の第2号

同じ号でも表紙やキャラ紹介など、掲載される順序がシャッフルされています。

ただ基本的に同じ内容(キャラやストーリー紹介、用語集など)については、新訂版の使い回しとなっていて新鮮味に欠けます。
例として綾波レイについての紹介部分ですが、左が新訂版第2号・右が20周年記念版創刊号です。

エヴァンゲリオンクロニクル 20周年記念版と新訂版のページレイアウトは同じ

まったく同じレイアウト・文章を使っており、新訂版にあった内容に関しては20周年記念版でも重複しています。
正直、新訂版を持っていれば20周年記念版は購入する価値がほとんどないのではないかと思います。

それでも20周年記念版にしかない新しい要素として以下のものがあります。

  • 絵コンテシート
  • 設定資料シート
  • ギャラリーシート
  • ストーリーファイル

このうち個人的に楽しみにしていたのはエヴァのポスターや宣伝チラシが登場するギャラリーシートで、存在は知っていても見たことがないようなグッズが登場するのではと期待しておりました。
実際5号まではメジャーなものばかりでしたが、もし刊行が続けば一番楽しみにしていた部分です。

しかし残念なところもあり、「ストーリーファイル」はあたかも20周年記念版で追加されたように書かれておりますが、実際には新訂版にもありました(新規描き下ろしイラストは除く)。

s-R1015714
(引用:「エヴァンゲリオン・クロニクル20周年記念版」 創刊号5ページより)

各話をほぼ全てのセリフ付きで紹介する「ストーリーファイル」部分ですが、上の画像で20周年記念版の新要素として出されている部分は、新訂版第41号に掲載されたページレイアウトとほぼ同じですし(違いはタイトルやスタッフ部分のレイアウトのみ)、コラム部分もまったく同じものが書かれております。

単にこれからの掲載予定として前のものを紹介しただけかもしれませんが、それにしてもあたかもすべてが新要素であるような書き方は少しズルいと思いました。

地味に気になることと今後

これから販売予定だったであろう特製バインダーや、全号購入特典のマグネットコレクションはどうなってしまうのか、ちょっと気になります。

エヴァクロニクル 20周年記念読者全員プレゼント
(引用:「エヴァンゲリオン・クロニクル」 公式HPより)

さすがにマグネットコレクションは無いにしてもバインダーはすでに製作しているでしょうから、別売として販売される可能性はあると思います。

2015年に入りエヴァに関する20周年記念企画が多く発表されておりますが、まさか途中で終わる企画が出てくるとは思ってもみませんでした。
今回の休刊の理由は不明のままですが刊行前に色々準備しているでしょうから、製作に重大な問題が出るとは考えにくいですし、単純に売り上げ不振だったぐらいしか思い当たるものがありません。

内容にはハッキリ言って不満はありますが、それでもエヴァイヤー記念として定期購読を申し込んだ身としては、ぜひ刊行を再開していただきたいところです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ