エヴァグッズ No.1883~1888 マウントレーニア エヴァコラボコーヒーパッケージ

マウントレーニア・エヴァコラボパッケージ全6種

カップコーヒーで有名なマウントレーニアのエヴァンゲリオンコラボパッケージの紹介。

スポンサーリンク

グッズ概要

森永乳業のカップコーヒー「マウントレーニア」とエヴァンゲリオンのコラボパッケージ。価格は1個158円で2020年12月15日より全国のコンビニエンスストアで発売されました。

コラボパッケージとなったのは以下の3種類です。

  • マウントレーニア カフェラッテ
  • マウントレーニア カフェラッテ エスプレッソ
  • マウントレーニア カフェラッテ ノンシュガー

この3種類に各2種類ずつ、合計6種類のコラボパッケージが登場しました。

また、2020年12月15日~2021年2月12日まで【Mt.RAINIER×EVANGELIONエヴァンゲリオンオリジナルグッズプレゼント】が行われ、合計1995名に「ロンギヌスの槍型ストローA.T.フィールド型キャップ」がその場で当たるキャンペーンも展開されました。

なお、こうしたカップコーヒーでエヴァのコラボデザインのものは、UCCのものが2010年や2011年に発売されております。

エヴァグッズ No.209~213 UCC エヴァ カフェラテ ボトル200ml
『エヴァ缶』で有名なUCCが販売したカフェラテボトル200ml
エヴァグッズ No.388~391 UCCカフェラテボトル 200ml

イラスト・デザイン

コラボパッケージはエヴァ各機やネルフのマーク、タイポグラフィバージョンなどとなっております。

マウントレーニア・エヴァコラボパッケージ全6種

マウントレーニア・エヴァコラボパッケージ全6種

また、広告欄には『シン・エヴァ』の劇場情報やキャンペーンの告知などがされております。

広告欄にはキャンペーンの告知

フタのデザインは共通で、ネルフマークのほかキャンペーン応募で使うシリアルナンバーがついたシールが貼ってあります。

フタ部分にはキャンペーンのシリアルナンバーシール

こちらはカフェラッテ。エヴァ零号機バージョン。零号機のイラストが入っております。

EVA-00 ver.

バーコード上にもエヴァ零号機がいます。

バーコード上はエヴァ零号機

こちらもカフェラッテ。ネルフディスプレイバージョンということで、本編でおなじみの色々なデザインのマークが入っております。

NERV display ver.

バーコード上も同じくディスプレイマークの一つ。

バーコード上はネルフディスプレイのマーク

こちらはエスプレッソ。エヴァ初号機の顔のアップで、これだけイラストにカラフルな色もついております。

EVA-01 face ver.

バーコード上は第三新東京市とエヴァ初号機のシルエット。バーコードとマッチしたデザインで一番好きです。

バーコード上はエヴァ初号機と街並み

こちらもエスプレッソ。エヴァ2号機バージョンのデザイン。

EVA-02 ver.

バーコード上ももちろんエヴァ2号機(のシルエット)。

バーコード上はエヴァ2号機

最後はノンシュガー。こちらはエヴァ初号機のデザイン。初号機のみ、上で紹介したものと合わせて2つのデザインが登場しております。

EVA-01 ver.

バーコード上もエヴァ初号機。エヴァ各機はバーコードのデザインも統一されたものになってます。

バーコード上はエヴァ初号機

こちらはTypographyバージョン。旧エヴァの特徴的な文字がたくさんあるデザインで、マウントレーニアのセールスポイントが書かれてます。

エヴァのコラボパッケージ タイポグラフィバージョン

Typography ver.

バーコード上はこれだけセリフ「飲めばいいと思うよ」になってます。

飲めばいいと思うよ

バーコード上はシンジのセリフのパロディ

感想

ドラッグストアやスーパー、コンビニによく置いてあるマウントレーニアとエヴァのコラボパッケージ。日常的に見ている商品がエヴァとコラボすると、やっぱり嬉しいですね。

ただ、こちらのコラボパッケージ。コラボというわりにちょっと控えめなデザインのためか、通常のパッケージと一緒に並んでいるととてもわかりづらいです。初号機の顔がアップで入っているものはイラストがカラーなのでまだ良いのですが、他のパッケージは線画とちょっとした色だけなので、じっくり見ないと判別できません。もうちょっとそれとわかるデザインだとありがたかったですね。

また、コンビニで販売されているとのことで結構な店舗で探してみましたが、発売10日間の時点ではファミリーマートではまったく見かけず。セブン-イレブンで少し、ローソンではそれなりといった感じで売っている場所にかなり偏りを感じました。これはパッケージも同じで、エヴァ零号機とNERV displayのバージョンはだいたい置いてありますが他のデザインはまったく見ませんでした。最初はすぐコンプできるだろうと思っていましたが見通しが甘かったです。

そんなわけで思ったよりも難易度が高かったような気がするマウントレーニアのコラボパッケージですが、本日ようやくコンプできたので紹介しました。でも、まだ保存用とキャンペーンの応募が残っていますので、できれば流通量をもっと増やしてもらいたいですね。