エヴァグッズ No.1382~1383 UCC エヴァ缶 1997年 缶色校正用平板 2枚

UCCの初代エヴァ缶 1997年に発売された初代の缶色校正用見本平板

UCCの初代エヴァ缶の色校正用平板の紹介。レイとミサトver.です。

スポンサーリンク

グッズ概要

1997年に発売され、累計1400万本以上も売れた初代エヴァ缶シリーズ。今回紹介するのは、その製品化前の色校正用に作られた平板です。本来は6種類ありますが、私が持っている2枚を紹介します。

製品ではないので普通は一般の目に触れることはありませんが、2020年3月14日~2020年4月12日にボークス秋葉原ホビー天国で開催された【エヴァ缶ミニミュージアム&物販イベント】では、これまで発売されたエヴァ缶全ての色校正用平板が展示されておりました。

なお、この初代エヴァ缶の製品版については、下記記事を参考にしてください。

エヴァグッズ No.16~21 UCC エヴァ缶 『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』 公開記念ver
現在でもシリーズが続いているUCCの通称「エヴァ缶」シリーズ。その最初のモデルである、1997年販売されたバージョン。

また、エヴァ缶の歴代シリーズを下記記事にて紹介しております。

【まとめ】UCC 「エヴァ缶」の歴代シリーズを紹介します
1997年に登場した第一弾から、現在までに発売された『エヴァンゲリオン』デザインのUCCの缶コーヒー・通称『エヴァ缶』の歴代デザインを50種以上紹介しております。

イラスト・デザイン

イラストは摩砂雪氏による、描き下ろしの綾波レイと葛城ミサト。当然ですが、製品版と同じイラストです。

UCCの初代エヴァ缶 1997年に発売された初代の缶色校正用見本平板

エヴァ缶の色校正用平板2種類

綾波レイの平板。缶のデザインは製品版と同じです。

綾波レイver.

イラスト部のアップ。経年変化もあるので一概に言えませんが、製品版より若干色が濃い気がします。

イラストは摩砂雪氏。

こちらは製品版の缶。デザインが同じなのがよくわかります。

UCCエヴァ缶 1997年初代のレイイラスト

綾波レイ

続いて葛城ミサトの平板。こちらも缶のデザインは製品版と同じです。

ミサトver.

イラストのアップ。こちらも若干色合いが濃い気がしますが、気のせいの可能性大です。

イラストはレイと同じく摩砂雪氏。

こちらは製品版の缶。余談ですが、ミサト缶は出荷数が他に比べて少なかったとのこと。

UCCエヴァ缶 1997年エヴァ旧劇場版仕様 ミサトさんバージョン

葛城ミサト

なお、缶にはUCC缶が世界初の缶コーヒーであることなどの宣伝も入っております。

UCCの缶コーヒーが世界初の缶コーヒーであることを宣伝

平板の裏面。当然ですが、なにも描かれておりません。

裏面は何もなし

感想

入手した当初はこれが何なのかまったくわかりませんでしたが、【エヴァ缶ミニミュージアム&物販イベント】で、これが色校正見本であることを知りました。あとで調べたら、缶を製造しているところでは色校正のためにこうした平板を作ってチェックしているそうです。

製造途中のこのようなものが外部に流出するのはあまりないと思いますが、様々なグッズが作られてきた歴史の長いエヴァならではかもしれません。製品とは違い、ところどころ錆びたり凹んだりしているがちょっと残念ですが、モノがモノだけに仕方ないと割り切っております。

なお、この平板は非常に鋭利で、フチを触っているとよく手を切るので保管時にはとても気を使っております。