『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開が再度延期に

新劇場版シリーズ完結編として1月23日に公開予定だった『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開延期が発表されました。予定日の9日前という直前期ではありますが、新型コロナウイルスの感染拡大が続く情勢ですから予想していた方も多かったのではと思います。

スポンサーリンク

2度目の公開延期

2021年1月14日、今月23日に劇場公開予定だった『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開延期が発表されました。

原因はもちろん感染拡大が続く新型コロナウイルスです。もともとは2020年6月27日に予定されていた公開日ですが、同じく新型コロナウイルスによる感染拡大により、同年4月17日に延期の発表がなされておりました。これが一度目の公開延期です。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開延期
公開延期発表と同時に新しいビジュアルなども公開。庵野監督のメッセージや、新しく公開された情報などをまとめてみました。

その後、しばらくは新たな公開日の発表はありませんでしたが、10月16日に『シン・エヴァンゲリオン劇場版』特報3とともに、新たな公開日が2021年1月23日になるとの発表がありました。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』新たな公開日が2021年1月23日に決定!!
公開延期していた『シン・エヴァ』の新しい公開日が2021年1月23日に決定。当初の予定より7か月ズレましたが、『序』の公開から14年を経て『新劇場版』エヴァシリーズが完結となるようです。

さらに12月21日には関係者向けに『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の初号試写が行われ、制作は無事終了。あとは公開日を待つのみとなっておりました。

しかし、12月からコロナウイルスの感染が急速に拡大したため、予定されていた世界最速上映が中止に。さらに1月8日には1都3県について【緊急事態宣言】が発令され、劇場公開への雲行きが怪しくなっておりました。

そして本日1月14日に【緊急事態宣言】の対象が7つ増え、合計11の都道府県に拡大。その結果、カラーは『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開を自粛・再延期が決定となりました。1月1日の記事でも触れましたが、やはり【緊急事態宣言】が対象地域限定とはいえ発令されたために厳しい結果となったようです。

現在はYoutubeの『シン・エヴァ』本予告動画も「本予告・改」となり、最後の公開日が「公開日検討中」となっております。また、“共に乗り越えましょう。”のメッセージ付きとなっております。

引用:株式会社カラー公式ツイッターより

関連商品も発売延期に

『シン・エヴァ』の公開延期が発表されたことにより、関連商品の発売などにも影響が出ております。

『シン・エヴァ』の主題歌として1月27日に発売予定だった宇多田ヒカルのCD「One Last Kiss」の発売が延期となりました。

また、2月10日に発売予定だったサントラ「Shiro SAGISU Music from “SHIN EVANGELION”」も併せて発売延期となってしまいました。

上記CD類は『シン・エヴァ』の公開を前提とした商品でしたので、発売延期はやむを得ないでしょう。

ここまで来たら待つだけ

とても残念ですが、またしてもコロナのせいで『シン・エヴァ』の公開が延期となってしまいました。

現在、一部の劇場では『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.333 YOU CAN (NOT) REDO.』と『REVIVAL OF EVANGELION』が今月から上映しており、同じ1月公開の『シン・エヴァ』もこのままいくものと思っておりました(ほかの様々な新作映画の上映もされていますので)。

23年ぶりの劇場公開となった『REVIVAL OF EVANGELION』を観てきました
旧エヴァの完結編『REVIVAL OF EVANGELION』の観賞レポ。

しかし、やはりリバイバル上映と新作では判断のハードルが違うでしょうし、まして『シン・エヴァ』はファン待望の完結編ですから公開延期は英断だったと思います。

ファンとしては一日も早く観たい(まぁ終わってほしくないという気持ちもありますが)のが本音ですし、制作スタッフの方々も同じ想いでしょう。さらに公開直前での延期は関係各所との調整もギリギリまで行ったことと思いますので、延期は苦渋の決断だったと思います。

その結果ですから、ここまできたらファンとしてはもう公開を待つだけだと思います。山下いくと先生もおっしゃっておりますが、作品自体は完結しているのですからあとはタイミングの問題だけです。

今週から金曜ロードショーでは3週連続で『新劇場版』三作品が放送されます。足りないエヴァ成分はこれで補充しながら、少しでも安心して思う存分作品を楽しめるよう新たな公開日の発表を待ちたいと思います。