『シン・エヴァンゲリオン劇場版』新たな公開日が2021年1月23日に決定!!

公開延期していた『シン・エヴァ』の新しい公開日が2021年1月23日に決定。当初の予定より7か月ズレましたが、『序』の公開から14年を経て『新劇場版』エヴァシリーズが完結となるようです。

スポンサーリンク

2021年1月23日公開

新型コロナウイルス感染拡大防止のため延期していた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開日が、2021年1月23日に決定いたしました。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開日は当初2020年6月27日に予定されておりましたが、2020年1月から世界中で流行している新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために4月17日に延期の決定がなされ、その後は「近日公開」となっておりました。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開延期
公開延期発表と同時に新しいビジュアルなども公開。庵野監督のメッセージや、新しく公開された情報などをまとめてみました。

それから約半年、本日劇場公開された人気アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の上映前予告映像にて、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の新たな公開日が2021年1月23日になることがついに発表となりました。

これまでに公開されたエヴァの劇場作品6作品の中で真冬の時期に公開されたものはありませんから、かなり新鮮な印象です。おそらく公開時には並ぶことになると思いますが、寒さ対策をしっかりして挑みたいと思います。

「特報3」で新たな映像も解禁

公開決定と同時に「特報3」もWEBで公開。短いながらもすべて新規の映像でした。

冒頭、これまで公開されていたデザインとは異なる白いプラグスーツを着たアスカとマリ。

白いプラグスーツを着たアスカとマリ

引用:Youtube「シン・エヴァンゲリオン劇場版 特報3」より

と思えば『Q』のラストシーンからの続きとなる、アスカ・アヤナミレイ・シンジの行軍。ちなみにここでのアスカのプラグスーツは赤色です。

引用:同上

さらにこちらのアスカは一瞬『破』のプラグスーツかなと思いましたが、よく見ると肩の部分が黒いのでこれまで公開されていた『シン・エヴァ』でのプラグスーツでしょうか?ちょっとわかりません。

引用:同上

そして、一瞬だけ映るシンジ。シンジは特報3ではここしか登場シーンがなく、アスカやミサトのほうが出番がありました。

引用:同上

最後のほうでは『シン・エヴァ』での新しいエヴァ・Mark.10の映像が。『メタルギア・ソリッド』に出てきたサイボーグ忍者みたいですが、エヴァ量産機とは異なる不気味さを感じます。

エヴァMark.10

引用:同上

最後は公開日である2021年1月23日の日付が出て終わりとなります。

引用:同上

冒頭の白いプラグスーツのアスカとマリですが、これまで散々刷り込まれた赤とピンクのイメージがあったせいか、めちゃくちゃ印象に残りました。おまけに光るので、ネットでゲーミングスーツとか呼ばれているのには笑ってしまいました。最後に出てきたエヴァMark.10の映像前後からみても、白いプラグスーツ登場は終盤でしょうか。今から活躍が楽しみです。

一方、特報2に居たカヲル君がいないのがちょっと気になります。『Q』での結末をみれば生きてはいないでしょうから回想シーンだとは思っていましたが、特報映像だけだと時系列がまったくわからないのでどのタイミングでこうした映像が登場するのか、こちらも今から楽しみですね。

予告映像ですから結末をイメージさせるような映像は無いと思いますが、登場人物がかなり少ないのでEOEのような悲惨な結末にならないか、それだけは心配です。

新劇場版3作品は4D版で登場

今回、『シン・エヴァ』の劇場公開が2021年となったことで、これまでオフィシャルロゴも入れてPRしてきた2020年でのエヴァ完結はなくなりました。ただ、先日『新劇場版』シリーズ3作品が、4DX版として期間限定上映されることが発表されました。

下記スケジュールにて全国82館の劇場で『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作のMX4D、4DXの期間限定上映が行われるとのこと。

  • 12/4(金)〜 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 4D版』
  • 12/11(金)〜 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 4D版』
  • 12/18(金)〜 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 4D版』

初のエヴァ4D版の公開ですし、せっかくこれまで盛り上がってきた2020年のエヴァイヤーですので、自分は観に行きたいと思ってます。12月24日までの上映とのことですので、興味のある方は忘れずに行きましょう。

ムビチケ付きグッズも追加販売

『シン・エヴァ』の公開日決定により、シン・エヴァムビチケ付きグッズの追加販売もされるとのこと。

最初に発売されたのは5月ですが、もちろん今度公開されるシン・エヴァでも使えますので、前回買い逃した方はぜひともゲットしてください。

『シン・エヴァ』のムビチケや庵野監督のサイン入りバンダナについては、以下の記事で紹介しております。

エヴァグッズ No.1497 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』ムビチケカード
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の前売り券となるムビチケカードの紹介。
エヴァグッズ No.1498 庵野秀明総監督サイン入り ヴィレの青いバンダナ
庵野秀明監督のサインが入った、『シン・エヴァ』ムビチケカードの特典バンダナの紹介。

感想

というわけで、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開日決定のニュースでした。

当初の公開予定日から6か月目にしてようやく公開日が決定。待ちに待った情報でしたが、来年1月の公開は思っていた以上に早かったなーというのが正直な感想です。『名探偵コナン』のように1年くらい延期するのではとも思っていたのでちょっと意外でした。

新しく公開された映像では、とにかく白いプラグスーツが印象に残り、エヴァMark.10のシンプルながらも不気味な顔に背筋が寒くなりました。これらがどんなシーンでどんな活躍を見せてくれるのか、これまでずっとエヴァを見てきましたがそれでもまったく想像のつかない完結編ですので、劇場公開日まで楽しみにしていきたいです。

そういえば、今日は『シン・エヴァ』公開の99日前とのこと。100日前だったら今年何かと話題になったワニマンガを思い出したところです(そっちの劇場版はどうなったのかな?)。

それはともかく、アプリの「EVA-EXTRA」では、劇場公開まで【毎日フラッシュバックエヴァ】というものをやるそうです。初日の今日は、エヴァのTVシリーズ制作時に作画参考モデルとして製作された初号機ヘッドが登場しております。

当サイトでも、だいぶ前にこちらのガレージキットを紹介しております。

エヴァグッズ No.160 伝説の初ガレキの復刻版 エヴァンゲリオン初号機 頭部モデル
TVシリーズ放送前に製作されたガレージキットを復刻

おそらくはグッズだけでなく、様々な情報を掲載していくと思われる【毎日フラッシュバックエヴァ】ですが、今後はどんなグッズが登場するのか、『シン・エヴァ』の公開まで楽しみです。

あと、エヴァグッズコレクターとしては、2021年記念グッズも発売するのかが気になるところ。1月公開ということはお正月あたりに何かあっても良さそうです。ついでに今からでも紙製の前売り券とか発売しないでしょうか。カードも良いですが、やっぱりこれまで色々な前売り券が登場しましたから、最後もそれで揃えてみたいです。