『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開日が2020年6月27日に決定!ムビチケカードの予約もスタート

庵野秀明総監督サイン入り「ヴィレの青いバンダナ」

シリーズ完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開日が、2020年6月27日に決定しました。それと同時にグッズ付きムビチケカードの予約受付も開始。さっそく購入していました。

スポンサーリンク

半年後に完結

本日、2019年12月27日に『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開日が2020年6月27日になることが発表。シン・エヴァのビジュアルにも公開日が記載されました。

エヴァ完結編の公開日はちょうど半年後となりました。2020年6月公開というのは今年の7月に出た情報でしたので、それから5か月で上映日が確定したことになります。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の劇場公開時期がついに決定!
新劇場版シリーズの完結編の公開時期が正式発表されました。

また、2009年の同日は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が公開された日でもあります。まったくの偶然だそうですが、月日の流れを感じますね。

公開規模などまだ不明な部分は多いですが、具体的な日にちが決まったことで一気に期待が高まります。これから続々と関連グッズも登場してくると思いますが、その先駆けとしてグッズ付きムビチケの予約受付がスタート、詳細情報が公開されました。

グッズ付きムビチケ

本日より予約受け付けがスタートしたムビチケは、付属するグッズによって複数あります。今のところ、ムビチケ単体の販売はありません。

まずはエヴァストア限定となる庵野秀明総監督のサインをプリントした「ヴィレの青いバンダナ」がセットとなったもの。

引用:エヴァストア通販 トップページより

続いてセブンイレブン。ムビチケ付きグッズではもっとも高価な36,000円となる新2号機フィギュア付きや、初号機ガトリングファンフィギュア付き、5人のパイロットのアクリルスタンド付きが登場しております。

引用:セブンネットオムニ7公式HPより

https://7net.omni7.jp/general/005105/191227evangelion

ローソンではOUTDOOR PRODUCTSコラボポーチ、ゴブラン織りクッションが付いたものが登場しております。

引用:ローソン研究所より

各店オリジナルのグッズが付属したムビチケですが、ムビチケ券面のデザイン自体は共通デザインのようです。

それ以外には、キングレコードから発売される高橋洋子さん、林原めぐみさんらによるヴォーカル楽曲を収録したCD「EVANGELION FINALLY」にもムビチケ付属版が登場するとのこと。こちらは全国の小売店で販売されます。

CDに映画の鑑賞券が付くというのは、1996年12月に発売された鑑賞券付きCD「NEON GENESIS EVANGELION ADDITION」を思い出させますね。

エヴァグッズ No.514『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』ADDITION付属 前売り券
変則的な販売方法だった『シト新生』の前売り券。

こちらのCDに付属するムビチケのみ、ジャケット柄デザインを使用したものとのことです。各グッズもそうですが、コレクターとしてはこちらも押さえておきたいですね。

庵野監督サイン入りグッズのムビチケを予約

待ちに待った公開日決定ということで、さっそくムビチケを予約してみました。とりあえず選んだのはエヴァストアから庵野監督のサインが入ったという「ヴィレの青いバンダナ」付きムビチケです。

「ヴィレの青いバンダナ」セットを予約

14時から予約受付開始だったので、ほぼピッタリにエヴァストアへアクセスすると混みあっているのか、かなり遅かったですね。数回トライしてようやく商品ページ→カートに入れると、エラーで止まってしまいやり直し。再度数回トライしてようやく決済画面まで行ったと思ったら、またエラーでやり直しと結構ハラハラしました。

結局20分ほど悪戦苦闘していると、なんとか注文完了のページまでいくことができました。『Q』のときもバンダナが付いた前売り券が登場しましたが、予約開始と同時に完売したことがありましたので内心けっこう焦りました。無事予約できてホッとしております。

エヴァグッズ No.102『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』前売り券
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の劇場前売り券。

なお、予約受付開始日当日のエヴァストア人気ランキングでは、グッズ付きムビチケが1位・2位を取得。しばらくはこの人気が続きそうです。

引用:エヴァストア通販トップページより

 

まとめ

ついに劇場公開日が決定した『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。紙のチケットではなくムビチケが先行しましたが、予約が始まるといよいよ公開が現実味を帯びてきたなという事で今からワクワクが止まりません。

しかし、グッズ付きが思っていたよりもずっと多いな、というのが第一印象です。庵野監督のサイン入りグッズはとても意外でしたが、セブンネットの新2号機フィギュア付きなんて36,000円もしますからバリエーション豊富です(新2号機フィギュアは単体でも販売予定)。

ちょっとガッカリしたのはムビチケのカードデザインが公開されていないこと。無難にエッフェル塔になるのか、それても他のビジュアルになるのかわかりませんが、満を持しての予約開始と思っていたので若干肩透かしをくらった気分です。

逆にうれしい誤算だったのは、25周年アニバーサリー企画として関連CDが廃盤商品も含めてBOXとして再販されるということ。

過去のTVシリーズや旧劇場版のCDが復活するだけでなく、なんと「Fly me to the moon」は、高橋洋子さんによる新録収録とのことですので、これは絶対に確保しておきたいアイテムです。

また、エヴァにとっては欠かせない音楽であり無数のバリエーションがある「EM20」を集めたCDも発売されるそうです。

こちらも過去発売の音源だけでなく、イベント上映された『シン・エヴァンゲリオン劇場版』AVANT1 ver.を収録しているとのことですので楽しみです。

2020年は『新劇場版』シリーズ完結だけでなく、TVシリーズから25周年という節目の年でもあります。4年前の2015年も様々な企画で盛り上がったエヴァですが、2020年にはそれ以上の盛り上がりを期待したいですね。