【まとめ】エヴァンゲリオン権利表記の変遷についての備忘録

庵野秀明総監督サイン入り「ヴィレの青いバンダナ」

2020年1月から再放送が始まった『新世紀エヴァンゲリオン』TVシリーズの冒頭シーン。企画・原作のクレジットが【GAINAX】から【庵野秀明】に変わっていたことがツイッターなどで話題になっております。

実際に変更になったのは2016年の再放送からなのですが、昨年起きたガイナックスの社長逮捕のニュースから年末の庵野秀明氏のマスコミ報道への抗議の特別寄稿が話題となったのでその影響かと思います。

ここでは個人的な備忘録も兼ねて、エヴァの権利関係の表記がどのように変わっていったのかを簡単に記事にしております。なお、現在再放送されているTVシリーズの謎のモザイクについても記載しております。

スポンサーリンク

「エヴァ制作会社の社長逮捕」というミスリード

まず、話題の発端となった昨年の事件について。

2019年12月に準強制わいせつ容疑で「ガイナックス」の社長(巻智博容疑者)が逮捕されました。この事件では「エヴァ制作会社社長、逮捕」などと報道されたため、現在エヴァンゲリオンシリーズの制作や権利を持つ株式会社カラーや監督の庵野秀明氏に非難の矛先が向かい、すでに決まっていたエヴァンゲリオン関連の企画で撤回されてしまったものもあるなど実害が発生しているとのことです。

自分も一報を見たときは、とても驚きました。エヴァの制作といえばカラーですし、社長は庵野監督ですからまさか逮捕されたのかと思ってしまいました。これは庵野秀明氏からすればたまったものではないでしょう。記事を読めば違うのはわかりますが、マスコミがアクセス数稼ぎのまとめサイトじみた事を行ったことに、いちファンとして怒りを覚えました。

『エヴァンゲリオン』のTVシリーズや旧劇場版の制作は確かにガイナックスが行っておりましたが、現在のガイナックスはエヴァの制作にはまったく関係ありません。法律的な権利もカラーに移っておりますし、今回逮捕されたのもエヴァ制作に関わったこともない人物ということですので、これをエヴァと結び付けて報道して実害まで出すのは、注目を集めるにしてもやり過ぎでしょう。

この事件の発生後、庵野秀明氏自身が株式会社ガイナックス設立からエヴァの制作、さらに株式会社カラーの立ち上げから現在に至るまでの経緯を権利関係も含めてダイヤモンドオンラインに寄稿しております。ぜひとも一読してみてください。

では、マスコミが『エヴァ』がガイナックスに権利が無いことを知らなかったのかと言えば、もちろんそんなことはありません。今回の事件が出るまで世間では『エヴァ』はガイナックスのイメージが強かったようですが、少なくともマスコミは調べればすぐわかるでしょうし、実際、過去にはこの件(カラーに『エヴァ』の権利が移っていること)が取り上げられたことが何度かあります。

2017年4月に当時の復興大臣だった今村雅弘衆議員議員が、その失言から注目された際に着用していたネクタイがエヴァ柄だったことで話題になりました(実際にはそれ以前の、同年2月時点で予算委員会や会見でも着用していたので取材したマスコミもあった)。今村議員は「福島ガイナックス」を同年1月28日訪れた際に同社からプレゼントされたと語っておりましたが、失言以降、「福島ガイナックス」がエヴァンゲリオンと全くの無関係であることをいくつかのマスコミがこの時点で伝えております。

もちろん、カラーも当時しっかりと否定しております。

ここでは「ガイナックス」ではなく、「福島ガイナックス」との関係を否定しておりますが、いずれにせよ『エヴァ』の権利がカラーに移っていることはマスコミの記事で触れられております。

この時はカラーとガイナックスが無関係であると報じていながら、センセーショナルな事件が起きると受け手のミスリード狙いで「エヴァ制作会社社長、逮捕」と報道したことは明らかに話題性重視の無責任な報道でしょう。マスコミの姿勢には疑問を抱かざるを得ません。

庵野監督が“『エヴァ』の名を悪用している”とまで強く抗議している意味を、ぜひともマスコミの方には汲み取ってもらいたいです。

余談ですが、上の庵野監督の記事で以下のように語っている部分があります。

『エヴァ』と全く関係のない、ガイナックスという名を冠した別会社ということでした。しかし、福島ガイナックスはことあるごとに、周囲の人には『エヴァ』と関係があるかのようにみえる振る舞いをしていました。

引用:ダイヤモンドオンライン「【庵野監督・特別寄稿】『エヴァ』の名を悪用したガイナックスと報道に強く憤る理由」より

この福島ガイナックスがエヴァに関係しているような振る舞いの一つが、今村議員へのネクタイのプレゼントだったんじゃないかなと思います(プレゼントの具体的な経緯と意図が不明なので想像でしかないですが)。

原作表記の変遷

今回の話題を見て、コミックスやアニメで原作表記がどのように変わったのか、興味があったので調べてみました。

エヴァンゲリオンシリーズの著作権者表記は、TVシリーズでは【GAINAX/Project Eva.・テレビ東京】、旧劇場版シリーズでは【GAINAX/EVA制作委員会】となっております。その後、庵野秀明氏が2006年に株式会社カラーを設立して以降の2007年ごろからは【GAINAX・カラー】などと併記されておりました。そして、2014年10月ごろから関連商品(マンガなど)でこの併記がなくなり【カラー】単独表記となります。

以下はコミックスなどの書籍の変遷です。

もっとも古いであろう貞本義行先生の『新世紀エヴァンゲリオン』の第1巻の表記では、原作【GAINAX】となっております。

引用:貞本義行(著)『新世紀エヴァンゲリオン』第1巻 176ページより

2006年までは上記の表記となっており、2007年に発売された11巻では【GAINAX・カラー】の併記となり、以降この表記が続きます。

引用:貞本義行(著)『新世紀エヴァンゲリオン』第11巻 176ページより

そして2014年ですが、6月に発行された『碇シンジ育成計画』16巻では、それまで通り【GAINAX・カラー】となっております。

引用:高橋脩(著)『碇シンジ育成計画』第16巻 175ページより

その後、同年11月に発売された17巻では【カラー】単独表記となりました。

引用:高橋脩(著)『碇シンジ育成計画』第17巻 164ページより

他の関連書籍もほぼ同時期から【カラー】単独表記へと変わっております。ホームページでも2014年11月1日に更新されたヱヴァンゲリヲン新劇場版の公式サイトが、「エヴァンゲリオン 公式サイト」へと名称が変更され、権利者表記も【©カラー/Project Eva. ©カラー/EVA製作委員会 ©カラー】となりました。

特許庁で紹介されている商標権検索システムで調べてみると、最も古い申請として1995年5月9日のもの(登録3324699)があり、経過記録を見てみると以下のようになっております。

登録番号3324699の経過情報

これを見る限り、少なくとも2014年9月12日にはそれまでガイナックスが持っていた商標権がカラーへ譲渡されているようです。他にもたくさんあるのですが、いくつか見たところでは全て同じ日付で譲渡の申請がなされておりました。

この時のガイナックスは、2012年からカラーへのエヴァ関連ロイヤリティ支払いが滞っており、さらに2014年には庵野監督に1億円の追加融資を頼んでいたそうですから資金繰りに相当難儀していたようです。エヴァ関連の権利は段階的にカラーに移譲する予定だったそうですが、この資金繰り悪化によって移譲予定を前倒ししたのが2014年だったようです。

ここで権利譲渡があったため、10月ごろから順次【カラー】単独表記になっていったようです。

アニメの原作表記変更

今回話題になったアニメの原作表記ですが、2015年に発売されたTVシリーズのBlu-ray版では過去に発売されたものと同じく、【企画・原作:GAINAX】表記となっております。これは、最初にTV放送された1995年からの表記です。

引用:『新世紀エヴァンゲリオン』第1話 Blu-ray版より©カラー/Project Eva

その後、NHK-BSプレミアムで2016年9月に初の「HDリマスター&5.1chサラウンド」版がテレビ放送された際に、この原作クレジットが【庵野秀明】に変更され、ファンの間でBlu-ray版と表記が変わったと話題になりました。以後、TVで再放送される際には、この表記が続くことになります。

引用:『新世紀エヴァンゲリオン』第1話 BS版より©カラー/Project Eva

今回、2020年1月から始まった再放送でも当然この表記になっているのですが、このことを知らない人からは「2019年12月の事件があったためにクレジットを変更した」と思っている方もいるようです。

実際には3年以上前から現在のクレジット表記ですから事件は関係ないのですが、それだけ今回の事件が話題になったということでしょう。

GAINAXの文字が消えた

しかし、今回の再放送スタートでは別なところが気になりました。2020年1月現在、エヴァの再放送はBS日テレやテレビ神奈川・千葉テレビなどで行われているのですが、オープニングの2か所で「GAINAX」の文字が消えております。

こちらはBS日テレで2019年10月から放送スタートしたもの。オープニングにはこれまで通り「佐藤裕紀(GAINAX)」の文字があります。

引用:『新世紀エヴァンゲリオン』第1話 2020年1月6日放送 BS日テレ版より©カラー/Project Eva

ところが、2020年1月から放送されているテレビ神奈川版(2020年1月5日放送)のクレジットを見ると、「GAINAX」の文字がありません。

引用:『新世紀エヴァンゲリオン』第1話 2020年1月5日放送 テレビ神奈川版より©カラー/Project Eva

続いて表示される「GAINAX」のクレジットも同様で、BS日テレ版では表記がありますが・・・

引用:『新世紀エヴァンゲリオン』第1話 2020年1月6日放送 BS日テレ版より©カラー/Project Eva

やはりテレビ神奈川版では消えております。

エヴァンゲリオンオープニングからガイナックスが消えた

引用:『新世紀エヴァンゲリオン』第1話 2020年1月5日放送 テレビ神奈川版より©カラー/Project Eva

また、エンディングでは一部のクレジットがモザイク処理されております。

こちらは2020年1月5日放送のテレビ神奈川版。CG制作の下にモザイク処理がされております。ここは本来「GAINAX SHOP」のクレジットがあるところでした。

エヴァンゲリオンTV版 エンディングのGAINAX SHOPの表記がモザイク処理されている

引用:『新世紀エヴァンゲリオン』第1話 2020年1月5日放送 テレビ神奈川版より©カラー/Project Eva

こちらは2019年10月14日放送のBS日テレ版。同じ第1話部分ですが、モザイク処理はなく「GAINAX SHOP」とちゃんと入っております。

引用:『新世紀エヴァンゲリオン』第1話 2019年10月14日放送 BS日テレ版より©カラー/Project Eva

なぜ、同じ再放送で1月から放送が始まったほうにだけクレジット削除やモザイク処理がかかっているのか、現時点では不明です。もしかしたら権利表示のタイミングか何かで2020年から放送される分だけ「GAINAX」表記が消えたのかもしれませんが、まったくわからないので憶測しかできません。

BS日テレ版は3か月放送が先だっただけなんですが、これからBS日テレ版も同じような表記になるんでしょうか?この件については、今後の放送状況を追記したいと思います。

まとめ

繰り返しになりますが、現在の株式会社ガイナックス、および「~ガイナックス」など複数あるガイナックスを冠するアニメ制作会社は、少なくとも2020年1月時点ではエヴァンゲリオンの制作と関係がありません。

別に私はカラーの関係者でも何でもない、ただのエヴァファン・庵野ファンの一人ですが、今回の事件の報道があまりにも話題性重視で報道される側の実害を無視したものであったことに怒りを感じたことと、ガイナックスからカラーへの権利移転や表記の変化に興味があったためにこの記事を書きました。

この記事で「エヴァンゲリオン=カラー」の認識が少しでも広まればいいなと思っております。

参考HP