【まとめ】エヴァンゲリオンが新聞に載った日

彼氏彼女の事情の監督をしていた時の庵野秀明監督インタビュー記事

『新世紀エヴァンゲリオン』はこれまで新聞に登場したことがたびたびありました。このまとめ記事では映画公開時の広告や庵野秀明監督のインタビューなど、エヴァンゲリオンが新聞に登場したときの紙面をまとめてあります。

また、庵野秀明氏個人の記事が掲載された新聞もあわせて紹介しております。新しい新聞記事が登場した場合には更新も行っております。

スポンサーリンク

インタビューから広告まで様々

1995年にテレビ放送が始まるやいなや、またたく間に社会現象を巻き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』。

これまで1995年のTVシリーズのほか、1997年の旧劇場版シリーズの公開、2007年からスタートした新劇場版シリーズの公開時など、様々なところで新聞にエヴァが登場してきました。内容も単なる広告から庵野監督のインタビュー、業界人によるコメントまで様々でした。

この記事では私が持っているエヴァが掲載された時の新聞を、時系列で掲載しております。

1997年

1月1日

角川映画の広告の中に、同年公開の『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』が登場しています。

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生公開前の新聞一面広告 角川映画

引用:読売新聞1997年1月1日より

3月13日

エヴァ初の劇場作品となる『シト新生』の公開日直前に掲載された広告。シト新生の宣伝と、前年に発売された東芝のDVDプレイヤー「SD-3000」の広告を兼ねています。エヴァは家庭用DVDの登場直後からソフト化など積極的だったためと思われます。

読売新聞1997年3月13日 シト新生とDVDプレイヤー「東芝のSD-3000」の全面広告

引用:読売新聞1997年3月13日より

7月18日

翌日公開の映画・『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』の広告。

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に 公開前日の新聞広告

引用:朝日新聞1997年7月18日

7月19日

朝日新聞に掲載された庵野秀明監督のインタビュー記事。同日公開された『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』について語っています。

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に 公開日に朝日新聞に掲載された庵野秀明監督のインタビュー記事

引用:朝日新聞1997年7月19日

12月16日

WOWOWで翌1998年1月2日に放送される『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』の宣伝広告。この時の『DEATH』編が摩砂雪監督の再編集版『DEATH (TRUE)』でした。

WOWOW版シト新生の放送広告

引用:1997年12月16日

1998年

3月6日

翌日が公開日だった映画『REVIVAL OF EVANGELION』の広告。

エヴァの劇場作品が再上映されたときの新聞広告

引用:読売新聞1998年3月6日

7月3日

エヴァのTVアニメ版ビデオ/LD第12巻の発売日に掲載された広告。長く発売が空いていた10巻から11巻ですが、この12巻は前巻から5か月後の発売であり、このあとは最終巻まで一気にリリースされました。

読売新聞1998年7月3日 エヴァンゲリオン12から14巻までのビデオLD広告

引用:読売新聞1998年7月3日より

 

1999年

2月26日

当時TVアニメが放送中だった『彼氏彼女の事情』についてのインタビュー記事。エヴァについてもちょっと触れられております。下にはエヴァ初号機の写真も。

彼氏彼女の事情の監督をしていた時の庵野秀明監督インタビュー記事

引用:朝日新聞1999年2月26日

なお庵野監督はこのほぼ同時期、『ガメラ1999』という『ガメラ3 邪神覚醒』の制作現場のドキュメンタリー作品の監督もしていたそうです。

2010年

5月26日

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のBlu-ray & DVDの発売日に掲載された一面オレンジの広告。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破のブルーレイ発売一面新聞広告

引用:朝日新聞2010年5月26日

2011年

8月26日

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』がTV版として、金曜ロードショーで初放送された時の広告。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 TV版の広告

引用:朝日新聞2011年8月26日

2012年

6月5日

貞本義行(著)『新世紀エヴァンゲリオン』コミックス第13巻【プレミアム限定版】の一面広告。
アスカを助けに来た時のシンジのシーンが使われています。

貞本エヴァコミックス13巻の広告

引用:2012年6月5日

12月5日

11月28日に公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』について、松本零士さんや桜 稲垣早希さんのコメントが掲載されています。頬を染めるシンジのカットもあり。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qについての業界人インタビュー

引用:朝日新聞2012年12月5日

2013年

8月3日

東京の松屋銀座で開催された「エヴァンゲリオン展」の、開催直前となる紹介記事。
記事内にはアスカの原画が掲載されております。

松屋銀座で開催された「エヴァンゲリオン展」についての記事

引用:朝日新聞2013年8月3日

8月6日

8月7日から東京の松屋銀座で開催された「エヴァンゲリオン展」の広告。キービジュアルが使用されております。

銀座で開催された「エヴァンゲリオン展」の新聞広告

引用:朝日新聞2013年8月6日

2014年

7月15日

貞本義行(著)『新世紀エヴァンゲリオン』の完結となったコミックス第14巻【プレミアム限定版】の一面広告。限定版表紙がカラーで掲載されております。

貞本エヴァコミックス最終刊14巻の新聞広告

引用:朝日新聞2014年7月15日

11月12日

セブンイレブンとエヴァのフェアで一台だけ限定販売された1600万円のスーパーカー「オロチ」についての記事。

エヴァとセブンイレブンのコラボ時の新聞記事オロチについて

引用:朝日新聞2014年11月12日

2015年

8月24日

表紙に綾波レイが登場した「AERA」2015年8月31日号の広告。

AERAに載ったレイが表紙の号の新聞広告

引用:朝日新聞2015年8月24日

 

2020年

1月1日

Netflixで配信されている『新世紀エヴァンゲリオン』の紹介広告。

朝日新聞2020年1月1日 Netflixの広告

引用:朝日新聞2020年1月1日より

2021年

 

3月19日

『シン・エヴァ』の公開から2週間ほど経過したときの記事。アニメ評論家・批評家・大学教授の3名によるレビューが掲載されております。

朝日新聞2021年3月19日 シンエヴァ 3名によるクロスレビュー

引用:朝日新聞2021年3月19日より

上記記事のモノクロ版。書いてある内容は同じですが、記事中で【人類補完計画】を“男性中心社会が引き起こした歪み”と書いている人を初めて見ました。

引用:朝日新聞2021年3月19日より

 

4月27日

公開中の『シン・エヴァ』の興行収入が80億円を突破した記事。作品紹介だけでなく、作品の来歴や聖地である箱根町での様子が書かれております。

東京新聞2021年4月27日 シン・エヴァの興行収入80億円突破の記事

引用:東京新聞2021年4月27日より

5月11日

『シン・エヴァ』の劇中に登場した第3村の元となった天竜二俣駅を紹介した記事。転車台や鉄道歴史館について紹介しております。

朝日新聞2021年5月11日 シンエヴァのロケ地天竜二俣駅の紹介

引用:朝日新聞2021年5月11日より

5月25日

アニメの紹介コラムで『シン・エヴァ』の大ヒットを紹介した記事。公開からある程度時間が経っているためか、映画の内容にも触れられている。写真は「T・ジョイ横浜」のエヴァ初号機フィギュア。

朝日新聞2021年5月25日 シン・エヴァの大ヒット紹介記事

引用:朝日新聞2021年5月25日より

6月16日

pop styleでシンジの声優・緒方恵美さんのインタビューを掲載した記事。シンジを演じた印象のほか、出版した自伝・ライブなど近況のことなども書かれております。また、緒方さんが演じた『幽遊白書』や『ダンガンロンパ』など、他の役にも触れております。

読売新聞2021年6月16日 シン・エヴァのシンジ役、緒方恵美さんを紹介した記事

引用:読売新聞2021年6月16日より

こちらは1面。左上に緒方さんの写真が入っておりました。

読売新聞2021年6月16日の夕刊。緒方恵美さんのインタビュー

引用:読売新聞2021年6月16日より

9月2日

アマゾンプライムで8月13日より独占配信された『シン・エヴァ』の全面広告。実際に投稿された作品のレビュー抜粋が掲載されており、この中には私の書いたレビューも(一部)掲載されております。

日本経済新聞2021年9月2日 アマゾンプライム シン・エヴァレビュー広告

引用:日本経済新聞2021年9月2日より

最初読んだときは気が付かなくて、どっかのサイトで募集したコメントか何かが書かれているのかと思ってました(そして「自分も応募しておけばよかったなー」なんて思ってました)。何か見たことあるなくらいの印象だったんですが、よく見たらレビュアーの名前が入っていてそれ見て初めて気が付いたくらいです。ビックリしましたが嬉しかったです。

10月6日

東京・六本木の国立新美術館で10月1日から開催された【庵野秀明展】の紹介記事。なお、記事執筆者は庵野監督などが関わり話題となった1981年のDAICONⅢのOPアニメを、実際の会場で観ていたそうです。

読売新聞2021年10月6日より 庵野秀明展の紹介。

引用:読売新聞2021年10月6日より