エヴァグッズ No.203~204 ヱヴァンゲリヲンと日本刀展 チケット 上野の森美術館ver

エヴァンゲリオンと日本刀展上野美術館バージョンのチケット

2013年開催の上野の森美術館【ヱヴァンゲリヲンと日本刀展】の入場チケットの紹介。

スポンサーリンク

グッズ概要

日本全国を周って開催されている【ヱヴァンゲリヲンと日本刀展】が、2013年11月に東京の上野の森美術館で開催された時の入場チケット。
他に同時に開催されていた海洋堂の「エヴァンゲリオンフィギュアワールド」との共通券もありましたので、この記事でまとめて紹介します。

なお「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」は主に西日本で多く開催されており、関東で開催されたのはこれが初めてでしたが(他は北海道の札幌のみ)、2014年1月現在までにフランス・スペインの2カ国での開催も予定されております(独立行政法人国際交流基金が主催となり、日本スペイン交流400周年の記念事業の一環として行われます)。

デザイン

チケットにはイベントのメインビジュアルである、飯田史雄氏によるレイ・アスカ・マリが描かれています。このイラストは同イベントが他で開催されたときの入場チケットにも使われていますが、キャラの配置だけは微妙に異なっています。

エヴァンゲリオンと日本刀展上野美術館バージョンのチケット

上野美術館で開催された【ヱヴァンゲリヲンと日本刀展】の入場チケット

チケットの裏面。イベントの概要と会場地図が記載されております。

チケット裏面

こちらは【日本刀展】と同時開催の【エヴァンゲリオンフィギュアワールド】との共通券。
招待券ですが窓口で販売されたチケットもデザイン的には同じです。

「エヴァンゲリオンフィギュアワールド」の入場チケット

イラストは和服姿のカヲル。カヲルのイラストは最初は無かったのですが、今回の上野開催時からイラストが登場し、クリアファイルなどのグッズも販売されました。

こちらは裏面、書いてあることは同じです。

チケット裏面

スポンサーリンク

感想

エヴァの展示の中でも人気の高さからロングランを続けている【ヱヴァンゲリヲンと日本刀展】ですが、様々な場所で開催されているためか入場チケットのバリエーションもかなりの数があります。

といってもチケットデザイン自体は大きく変わるものはなく、どのチケットも今回紹介している上野の森美術館と似たようなデザインとなっているため、間違えないように集めるのに苦労しているグッズです。

すべて集めるのはかなり難易度が高いのですが、気長に集めてみたいと思います。

同じイラストを使用したエヴァグッズ

2013年2月27日~3月30日まで呉市の大和ミュージアムにて開催された「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」の前売り券。
エヴァと日本刀の展示会『ヱヴァンゲリヲンと日本刀展』で販売されたクリアファイル

参考HP