エヴァグッズ No.1857~1862 「EVANGELION TICKET ARCHIVES」『:序、:破、:Q』通常&4D版

EVANGELION TICKET ARCHIVESの台紙。全6種類

映画のチケット半券を貼りつけられるオリジナルデザインの台紙「EVANGELION TICKET ARCHIVES」の紹介。

スポンサーリンク

グッズ概要

2020年12月4日より期間限定で上映される『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序、:破、:Q』のチケット半券を貼りつけるオリジナルデザインの台紙「EVANGELION TICKET ARCHIVES」。サイズはL判で1枚200円でした。

「EVANGELION TICKET ARCHIVES」とは『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開を記念して期間限定で上映される『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序、:破、:Q 4D版』および通常版のチケット半券の半券を貼りつけられる台紙のことで、2020年12月1日~12月31日まで全国のセブン-イレブン店頭にあるマルチコピー機で販売されました。

台紙のデザインは序・破・Qの3種類でそれぞれ4D版と通常版の各2種類がありました。チケット半券を貼りつけたイメージは、公式のツイッターに上がっております。

購入方法はセブン-イレブン店頭にあるマルチコピー機のタッチパネルで「プリント」→「ネットプリント」→「プリント予約番号」に欲しいデザインの予約番号を入力(例えば『序』の4D版なら「EVA4DX01」)してお金を入れて確認ボタンを押していけば完了となります。

各デザインの予約番号はセブン-イレブンの公式HPで確認できます。

イラスト・デザイン

台紙は各作品ごとに2種類ずつですが、イラストなど大まかなデザインは共通です。

EVANGELION TICKET ARCHIVESの台紙。全6種類

「EVANGELION TICKET ARCHIVES」台紙

こちらは『序』の台紙。左が通常版、右が4D版です。通常版では右側に各作品のイメージカラーのラインが入っております。

『序』の通常版と4D版の台紙

こちらは『破』の台紙。同じく左が通常版、右が4D版です。この『破』の台紙では、通常版のイメージカラーが背景と一体化しているのでわかりづらいです。

『破』の通常版と4D版の台紙

最後は『Q』。左が通常版、右が4D版です。イラストの関係上、チケット半券を貼りつけるスペースが上記2作品と異なっております。

『Q』の通常版と4D版の台紙

感想

チケットの半券は思い出にとっておく人もいるかと思いますが、公式でそうした半券を貼りつける台紙というのは今まであまりお目にかかったことはありません(あまり映画を見ないので、もしかしたら色々あるかもしれませんが)。台紙には各作品のポスタービジュアルを使っていて半券がどの作品のものかわかりやすいので、これはとても良いグッズではないでしょうか。

「EVANGELION TICKET ARCHIVES」のロゴもちゃんとデザインされておりますし、日付も再上映日になっているので手抜き感もありません。半券を貼れば立派なコレクションになりそうです。一枚200円はちょっと高いかなと思いましたが、映画を見た後に完成するグッズみたいな感じで、全部揃ったらかなり満足度が高くなりそうなグッズです。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』では紙のチケットが無くなってしまいましたので、公開後にはできれば『シン・エヴァ』のデザインの台紙も販売してもらいたいですね。

あとはセブン-イレブンのマルチコピー機の扱いに慣れていないと、購入するまでが色々手間どるのが残念なところでしょうか。タッチパネルのどこからこの台紙にたどり着くのか最初まったくわからなかったので一応上でも紹介しておりますが、公式HPを見るのが一番確実です。購入の際には参考にしてみてください。

何はともあれ通常版・4D版ともに観賞予定のファンだったら購入して損はないと思いますので、ぜひともゲットしてみてください。