エヴァグッズ No.1700~1703 『エヴァンゲリオン ANIMA』山下いくと先生 サイン入り単行本4冊

引用:『エヴァンゲリオンANIMA』第1巻&2巻&4巻&5巻 表紙より

エヴァンゲリオンのメカニックデザインで、『エヴァンゲリオン ANIMA』の作者でもある山下いくと先生のサイン入り単行本・四冊を紹介します。

スポンサーリンク

グッズ概要

旧エヴァで人類補完計画が発動しなかったその後の世界を描いた小説『エヴァンゲリオン ANIMA』の単行本。作者である山下いくと先生のサイン入り。サインが入っているのは全5巻のうち3巻を除く4冊となっております。

『エヴァンゲリオン ANIMA』は電撃ホビーマガジンで2008年~2013年まで連載されており、今回紹介する単行本は2017年から刊行されたものとなります。

サインについてですが、第1巻と2巻は2017年12月10日に池袋のエヴァストアで、また第4巻と5巻は2019年4月8日に紀伊國屋書店の西武渋谷店にて開催されたサイン会にて、それぞれ山下いくと先生に直接サインしていただきました。サインにはあらかじめ会場にて単行本を購入・整理券をもらい、後日サイン会に参加という流れでした。

参加した当時の様子については、以下の記事を参考にしていください。

『エヴァンゲリオン ANIMA』第1&2巻発売記念に行われた【山下いくと先生サイン会】に行ってきました
エヴァンゲリオンの本編や関連グッズのメカニックデザインなどを手がける、山下いくと先生のサイン会レポート。
『エヴァンゲリオン ANIMA』完結記念に行われた【山下いくと先生サイン会】に行ってきました
およそ2年ぶりとなる山下いくと先生のサイン会に参加。

なお、第3巻だけは(自分が知る限り)サイン会がなかったため、残念ながらサインが入っておりません。

イラスト・デザイン

サインをもらった単行本の表紙を並べてみました。なお、サインをもらったページには、マジックの転写防止のために白い紙がはさまっております。

引用:『エヴァンゲリオンANIMA』第1巻&2巻&4巻&5巻 表紙より

引用:『エヴァンゲリオンANIMA』第1巻&2巻&4巻&5巻 表紙より

こちらは2017年に行われたサイン会でサインをもらった第1巻と2巻。

引用:『エヴァンゲリオンANIMA』第1巻&2巻 表紙より

サインは表紙をめくったところに入っております。転売防止のため、名前入りです。

山下いくと先生の直筆サイン

山下いくと先生 直筆サイン 2017年

こちらは2019年に行われたサイン会でサインをもらった第4巻と5巻の表紙。

引用:『エヴァンゲリオンANIMA』第4巻&5巻 表紙より

こちらもサインの場所は表紙をめくったところ。名前ももちろん入っております。

山下いくと先生 直筆サイン 2019年

唯一サイン会がなかった第3巻の表紙。これがあればコンプリートだったのでちょっと残念。

引用:『エヴァンゲリオンANIMA』第3巻 表紙より

感想

非常に貴重な山下いくと先生のサイン入り『エヴァンゲリオンANIMA』。さすがにこれを読むことはできないので、読書用にもう1セット『ANIMA』を購入しております。すでに3周はしているので、ちょっと汚れが目立ってきました(サイン本はカバーとビニールに入れて暗所で保管)。

サイン本のほか、読書用も用意

ただ、単行本なのでちょっとサイズが大きく、家で読むときは良いのですが持ち歩く時には少々かさばります。なので今度は文庫化してもらえたら通勤・通学のお供になるのにとちょっと期待しております。

グッズとしては、サインももちろん貴重ですが、山下いくと先生と直接お会いできたのは何よりも大切な思い出です。グッズを集めるときはレアものであることももちろん重視していますが、そうでなくても入手までの思い出が詰まったものはたくさんあります。このサイン本はレアもの・思い出の両方がある、まさに至高の一品だと思っております。生涯大事にしたいですね。

そういえばエヴァンゲリオン本編よりも宇宙規模でダイナミックなシーンが多い『ANIMA』ですが、映像で見られたらどれだけ迫力があるだろうかと思います。メカニックデザインの山下いくと先生らしく、メカ周りの設定や用語は難解なんで、映像だと理解が追い付かないかもですが、『シン・エヴァ』完結後はぜひとも『ANIMA』のアニメ化をしてもらいたいです(実はアニメ化企画進行中、だったら最高ですね)。

『ANIMA』は現在通販サイトで品薄なことが多く、価格もなぜか高騰している場合があります。電子書籍でしたらいつでも気軽に入手できると思いますので、興味のある方はぜひ一読をおすすめします。