エヴァグッズ No.1551 バンダイ 新世紀エヴァンゲリオン カードダス 第1弾 フルコンプ

エヴァンゲリオンカードダス第1弾のキラカードなど

『新世紀エヴァンゲリオン』カードダスシリーズの第1弾・全44種フルコンプの紹介。

スポンサーリンク

グッズ概要

バンダイのカードダスシリーズの『新世紀エヴァンゲリオン』の第1弾フルコンプ。全44種で、価格は1枚20円・5枚セットで100円でした。

1996年8月に発売されたカードダスマスターズのエヴァは大ヒットしましたが、それから4か月後の12月にこちらのカードダスが発売されました。1997年3月には続編の第2弾も発売されております。

エヴァグッズ No.1253 カードダス20 第1弾 未開封BOX
バンダイの人気カード「カードダス」のエヴァンゲリオンシリーズ第1弾の未開封BOXの紹介。

全172種だったカードダスマスターズとは違い、カードダスは44種とかなり少な目でしたが、全てのイラストが描き下ろしというわりと豪華なシリーズでした。

なお、カードダスには第1弾のみ裏面に【初版】というカードダスマスターズシリーズと同じ版数表示がありましたが、【2版】というものはありません。

バンダイのエヴァンゲリオンカードダス第1弾の初版とそれ以外

カード裏面。左には【初版】の文字があるが、右にはない

表面には違いはなし。ちなみに左が【初版】です。

表面には【初版】とそれ以外の違いはない

のちに登場する第2弾では最初から【初版】表記がありませんでしたので、第1弾の初期出荷のみではないかと思われます。

1997年にはこちらのカードダスを収納する専用のバインダーも発売されております。

エヴァグッズ No.1550 バンダイ カードダス専用バインダー
バンダイが1997年に発売した、カードダス専用の収納バインダーの紹介。

イラスト・デザイン

第1弾ではキラが8枚・ノーマルが36枚で、(おそらく)すべて描き下ろしのイラストでした。カードダスは低年齢層向けということで、それにあわせたイラストになっているとのことです。

イラスト担当は全てではありませんが、一部は深野洋一氏が担当されているとのことです。

カードリスト

以下ではカードを紹介。いくつかに分けて紹介しております。

まずはキラ(プリズム)カードが中心のNo.1~09。主にシンジ・レイ・アスカの3人が中心。カヲルのカードは第1弾では4枚しかなく、そのうちの1枚は左下のキラカードです。

エヴァンゲリオンカードダス第1弾のキラカードなど

カードナンバー01~09

続いてカードナンバー10~18。ここもシンジ・レイ・アスカが中心で、彼らの日常っぽいイラストたち。今では見られない、ブルマの体操服イラストがあるところに時代を感じます。

ブルマの体操着を着たレイとアスカのイラスト

カードナンバー10~18

カードナンバー19~23はカップル?関連イラストたちです。

シンジ・カヲルのカップルイラストが多いカード

カードナンバー19~23

カードナンバー24~30はエヴァ零・初・弐号機のイラスト。キラカードではそれぞれのエヴァの背景には、今回カードにはなっていない倒された使徒たちが描かれております。

バンダイのカードダス。エヴァシリーズのイラストカード

カードナンバー24~30

カードナンバー31~38はサブキャラ・特に女性のイラストがカードになっており、オペレーター3人のうち、マヤだけがピンで描かれております。

カードナンバー31~38

最後はカードナンバー39~44。ゲンドウや冬月のほか、日向マコトや青葉シゲルなどのサブキャラや、ヒカリ&アスカやトウジ&ケンスケ&シンジなど、仲良し組のイラストなどがあります。

カードナンバー39~44

感想

バンダイの人気シリーズ・カードダスのエヴァンゲリオン版の第1弾。全44種でしたがランダムですから、集めるのにはそれなりに手間暇がかかります。

イラストに関してはおそらく全て描き下ろしと思われますが、人気はカードダスマスターズシリーズのほうが圧倒的だったため、ひょっとしたらこのカードダスシリーズを知らない往年のファンもいらっしゃるかもしれません。特に【初版】表記があることは今ではほとんど知られていないと思いますので、持っている方は一度裏面を見てることをオススメします。

低年齢層向けだけあってイラストも過激なものはなく、さらにエヴァ各機などのメカも少な目・キャラクター中心の構成になっております。他のグッズに使われることもほぼ無いので、今見ると逆に新鮮なイラストたちかもしれません。