エヴァグッズ No.513 AMAKUNI製ホビージャパン限定アスカフィギュア

AMAKUNI エヴァQ ホビージャパン限定アスカフィギュア

模型雑誌ホビージャパンの限定品として発売された、新型プラグスーツを着たアスカフィギュアが発売されましたのでさっそく購入。紹介したいと思います。

スポンサーリンク

グッズ概要

ホビージャパン限定通販として販売された、AMAKUNI製「式波・アスカ・ラングレー」のフィギュア。

2014年8月から月刊ホビージャパン2014年10月号&11月号の誌上通販、及びエヴァストアなどで予約が開始され、当初2015年5月発売予定となっておりましたが1ヶ月ほど発売が延び、結局発売されたのは2015年6月でした。

ポーズは完全に固定で、差し替えパーツもありません。付属するのは『Q』に登場した武器「双刃薙刀」と台座のみというシンプルなものです。価格は12,580円(税込み)。

仕様

  • サイズ:1/6スケール 全高約38cm(頭頂部まで約26.5cm)
  • 付属品:双刃薙刀、台座
  • 仕様:彩色済みPVCモデル
  • 原型製作:横田健
  • 製造:AMAKUNI
  • 発売元:ホビージャパン

パッケージ

まずはパッケージを紹介。普段フィギュアを買わない私には、1/6サイズのパッケージはかなりの大きさに感じます。

AMAKUNI ホビージャパン限定アスカフィギュアのパッケージ

外箱その1

参考までに1/7のアルター製アスカフィギュアのパッケージとの比較。数字上は1つ違いですが、実物はだいぶ印象が異なります。

アルターとAMAKUNIのアスカフィギュアの比較

1/7と1/6フィギュアの外箱の大きさ比較

パッケージ裏面。

外箱その2

パッケージ側面。

外箱その3

全身

それではここからはフィギュアの写真を。

まずは武器を持たせた全身写真から。全高は約38cmありますので、飾る場合にはかなりのスペースを必要とします。

▲1/6完成品ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 式波・アスカ・ラングレー(ホビージャパン)の全身写真。かなりの大きさです。

武器を装備させた全身

武器無しの場合は約26.5cmですが、これでもかなり大きいと感じます。参考HPまでに、UCCエヴァ缶との大きさ比較写真を。

フィギュアの大きさ比較

フィギュア自体は上半身をねじるようなポーズですが、バランスはかなり良いです。

ホビージャパン限定フィギュア AMAKUNI製アスカフィギュアの全身

フィギュア全身 その1

フィギュア全身 その2

フィギュア全身 その3

フィギュア全身 その4

フィギュア全身 その5

顔・表情

続いてフィギュアの命である顔のアップ。キリッとした表情がカッコイイです。

AMAKUNI製アスカフィギュアの顔のデキ

表情アップ その1

勇ましい表情ですが、去年発売されたアルター製のアスカフィギュアよりも目つきは柔らかい感じ。

ただ塗りのせいか、若干立体感に欠けるような気がします。まぁ、どんなフィギュアもこんなもんでしょうか?

表情アップ その2

表情アップ その3

後ろ髪の部分。手に持っている武器「双刃薙刀」はここを通します。

後ろから 武器持ち

武器無しバージョン。実物を見ると初めてわかりますが、髪がかなりいろんな方向に動いていて複雑な造形になっております。

後ろから 武器無し

頭上から。見本写真ではまず見られない角度なので。また上半身のひねり具合もわかるかと思います。

頭上から

上半身と下半身のアップ

フィギュアの特徴でもある、ひねった上半身。華奢でもなく、かといってガッシリしすぎない体型は絶妙なバランスで素晴らしいと思います。

AMAKUNI エヴァQ ホビージャパン限定アスカフィギュア

フィギュア上半身 その1

『Q』バージョンのプラグスーツは細かいところで色分けがあるのですが、そのあたりの塗り分けもキッチリしています。

フィギュア上半身 その2

背中の数字「2」もしっかり塗り分け。

フィギュア上半身 その3

左腕。武器を持たせる時この腕を若干調整しなければならず、折れたりしないかちょっと心配です。

武器の持ち手

伸びた右腕。こちらはすんなり武器を持たせられます。

右腕

こちらは下半身。

フィギュア下半身

付属品

付属品はこれだけ。台座と「双刃薙刀」のみです。

「双刃薙刀」と台座

「双刃薙刀」と台座

武器である「双刃薙刀」は、キレイな塗装で作りもシャープです。

武器の造形と塗分け

感想

見た目だけで購入を決めたためか1/6サイズというのが思っていたよりも大きく感じましたが、フィギュアそのものの完成度は高く、スペースさえあればぜひ設置してみたいと思うくらい満足しております。

見本写真でもキレイでしたが、実際に販売されたものを手に取ってみても顔や体型はもちろん、塗装もキレイに感じましたので12,000円の価値は十分にあると思います。

アスカファンならアルター製のジャージアスカと同じく、持っていても後悔しないフィギュアではないでしょうか。

それにしてもアルター製のアスカといいこちらといい、近年のアスカフィギュアはお尻を向けるのが流行っているんですかね?