エヴァグッズ No.240 【エヴァンゲリオン展】 石ノ森章太郎ふるさと記念館 入場チケット

石ノ森章太郎記念館で開催されたエヴァンゲリオン展のチケット。イラストはプラグスーツ姿のレイ

宮城県の石ノ森章太郎ふるさと記念館で開催された【エヴァンゲリオン展】の入場チケットの紹介。

スポンサーリンク

グッズ概要

2011年7月~10月まで、宮城県登米市にある「石ノ森章太郎ふるさと記念館」にて開催された【エヴァンゲリオン展】の入場チケット。

この展示会では2mの初号機やロンギヌスの槍のレプリカ、アニメの企画書やセル画・複製原画などが展示されました。
また、会場となった「石ノ森章太郎ふるさと記念館」では、この後の2013年にもエヴァの作品展【EVANGELION 100.0】が開催されております。

日本各地で開催されている『EVANGELION 100.0』が「石ノ森章太郎ふるさと記念館」で開催された時のチケット。

なお、2013年東京の銀座からスタートし全国各地を巡回している【エヴァンゲリオン展】とは名前が同じですが別物のイベントです。

イラスト・デザイン

チケットのデザインに使用されているのは、プラグスーツ姿の綾波レイ。イラストは新規描き下ろしではなく、ローソンのキャンペーンなどで使用されたイラストを流用しております。

石ノ森章太郎記念館で開催されたエヴァンゲリオン展のチケット。イラストはプラグスーツ姿のレイ

【エヴァンゲリオン展】石ノ森章太郎記念館入場チケット

また、イベントの告知ポスターには初号機やシンジ・アスカなども描かれておりましたが、チケットにはレイのみが使用されています。

チケットはちょっと固めの紙でできており切り取り線などはなく、使用後もそのまま持ち帰ることが可能でした。チケット下部には料金などが書かれております。

チケット下部にはイベントの詳細情報

スポンサーリンク

感想

こういった入場チケットは下部を切り取る形式のものがほとんどですが、このチケットのように使用後もそのままの形で持ち帰ることができるのはコレクターとしては嬉しい限りです。

また、ちょっと硬質なので雑に扱わなければ保管しやすいのも助かります。

同じイラストを使用したエヴァグッズ

ローソンとエヴァのタイアップキャンペーンで発売されていたティッシュ。

参考HP