エヴァグッズ No.158 小田急箱根高速バス ヱヴァンゲリヲンラッピングバス

エヴァのラッピングバスを1/150で再現した模型。

スポンサーリンク

グッズ概要

小田急箱根高速バスが2012年10月から2013年5月まで、新宿から箱根までの往復と、羽田空港から横浜経由の箱根までの往復の2路線で運行した「ヱヴァンゲリヲンラッピングバス」を1/150で再現した模型。

なお、商品には小田急高速バス仕様の「箱根補完マップ」が付属していました。

関連グッズとしては、このラッピングバスの運行記念の乗車券なども販売されました。
なお、今回紹介する1/150以外に、1/80のサイズも販売されました。

またこのラッピングバスが運行されていた同じ時期には、エヴァのラッピングを施した電車も運行されており、こちらも鉄道模型とした販売されております。

Nゲージサイズで再現された富士急行のエヴァンゲリオンラッピング電車。

パッケージ

パッケージの外観。ラッピング無しのノーマル版とラッピング車の2台が写っています。

小田急箱根高速バス ヱヴァンゲリヲンラッピングバスの模型、2台セットのパッケージ

パッケージ

パッケージを開いたところ。フタの裏側には元になったバスの型番と説明文があります。

小田急箱根高速バス ヱヴァンゲリヲンラッピングバス 箱を開いた状態

パッケージを開けたところ

スポンサーリンク

外観・デザイン

続いてラッピングバスの外観を紹介。

元のバスは「三菱ふそうエアロエース BKG-MS96JP 1995号車」。1995号車を選んだのは、エヴァのTVシリーズの放送が1995年だったことに由来しているとのこと。

小田急箱根高速バス ヱヴァンゲリヲンラッピングバス、細かいイラストも再現されている

小田急箱根高速バス エヴァラッピング仕様

車体左には各エヴァパイロットのイラスト。
ちなみにラッピングには「EVANGELION:3.0」とありますが、イラストは「EVANGELION:2.0」を使用しています。

側面には各エヴァパイロットのイラスト

イラストのアップ。文字もつぶれずに読むことができます。

小田急のエヴァラッピングバス模型、シンジやアスカ達のイラストも再現

イラスト部分のアップ

こちらは反対側。『破』劇中シーンの箱根町を走るエヴァ初号機になっています。

『破』のワンシーンをラッピング

後ろには【第3新東京市 箱根行き】と書かれています。

車体後部には【箱根行き】の文字

続いてノーマル車の紹介。型式は「三菱ふそうエアロエース BKG-MS96JP 1991号車」。小田急箱根営業所が2008年3月から2010年8月の間に8台導入した車両で、現在でも各路線で活躍しているそうです。

BKG-MS96JP 1991号車の模型

BKG-MS96JP 1991号車

もともと今回紹介しているグッズはトミーテックのバスコレクションシリーズの一つなので、こちらが目当てのコレクターもいると思います。

側面、小田急グループ共通のデザインである7本の翼「セブンウィング」が描かれています。

小田急グループのセブンウイング

大きさ比較

ねんどろいどクリスティーナとの大きさ比較。1/150というだけあってかなり小さいのがわかります。

ねんどろいどとの大きさ比較

付属品

付属品は各種ロゴのシールのみ。

付属品のシール

感想

エヴァのラッピング車が目当ての私には通常のバスはいりませんでしたが、2台付いてこの値段であれば安価なくらいでしょうか。ラッピングもキレイに再現されていて、この大きさでコレクションできるのは嬉しいです。

私はミニカーのコレクターではありませんが、このサイズで現物の雰囲気が楽しめますからコレクターが多いのも納得です。