エヴァテレビシリーズのブルーレイ発売が決定!さらにTV放映版も併せて発売

公開日:2014年12月01日│更新日:2015年08月27日│[ニュース]

エヴァンゲリオンの旧シリーズとなる、「TVアニメ」版と旧劇場版がブルーレイBOXで発売することが決定しました。 初のソフト化となる『シト新生』の「DEATH」編も収録されております。

エヴァンゲリオン テレビアニメシリーズ初のBlu-ray化
(エヴァンゲリオン公式HPより)

スポンサードリンク

エヴァTVアニメシリーズ、初のBlu-ray化

本日エヴァンゲリオン公式HPにて、『新世紀エヴァンゲリオン』のBlu-ray BOXが2015年夏に発売することが発表されました。 今回ブルーレイにて発売が決定したのは、1995年にTV放送された『新世紀エヴァンゲリオン』全26話と、1997年・1998年に公開された劇場版3作です。

【本編収録内容】

・『新世紀エヴァンゲリオン』 HDリマスター NEON GENESIS EVANGELION TVシリーズ全26話+ビデオフォーマット版4話(第弐拾壱話~第弐拾四話)
・『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』 HDマスター EVANGELION: DEATH & REBIRTH 「DEATH」(初ソフト化)+「REBIRTH」
・『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』 HDマスター THE END OF EVANGELION
・『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に』 HDマスター REVIVAL OF EVANGELION

発売日や価格、映像特典他の商品仕様については追ってお知らせいたします。

引用 – evangelion.co.jp/ng.html

TVシリーズだけでなく、劇場版すべてを収録していますので、このBOXだけで旧エヴァシリーズ全てを網羅することができます。 旧劇場版シリーズについては、下記記事も参考にしてください。

TV本編のHDリマスターも当然注目ですが、やはり目玉は『シト新生』の収録でしょうか。 『「DEATH」+「REBIRTH」』となっておりますので、1997年公開時の『魂のルフラン』が流れるバージョンと思われます。

これについては97年の劇場公開当時、本編内で『魂のルフラン』が流れるシーンがあったのですが、現在販売されている『シト新生』には『魂のルフラン』が収録されておらず、これを聴くためには旧DVD版やVHS・LD版を購入するしかありませんでした。

エヴァの楽曲の中でも特に人気の高い『魂のルフラン』を本編内で聴くためにはこれまで難易度がちょっと高かったのですが、今回のBlu-ray BOX発売により新劇場版から入った新しいファンの方でも気軽に聴く(観る)ことができるようになりそうです。

なお細かい違いですが、「DEATH」部分に(初ソフト化)の文字がありますが、これは劇場公開後に発売されたVHS・LD・DVDに収録されている「DEATH」編が、全て劇場公開時から再編集された 『DEATH (TRUE)』以降のバージョンであるためで(これについてはうろ覚えですが)、本当に劇場公開と同じバージョンの「DEATH」編が収録されたソフトが発売されるのは今回が初めてだからということだと思われます。

これに限らず新劇場版シリーズもすべて劇場公開時からソフト販売の間に何らかの修正がされており、そのバージョンしか発売しておりませんので、既にBlu-ray版が発売されている新劇場版シリーズも、いずれは劇場公開時と同じバージョンを収録したものを発売するかもしれません。

“TV放送版”も新たにDVD-BOX化

また上記Blu-ray BOXの他に、今回“TV放送版”のDVD-BOXも発売されることが併せて発表されました。

【本編収録内容】

・『新世紀エヴァンゲリオン』 TV放映版 NEON GENESIS EVANGELION (ON AIR VERSION) TVシリーズ全26話 (TV放映時そのままのバージョンを初ソフト化)

・『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』 TV放映版 EVANGELION: DEATH(TRUE) & REBIRTH 「DEATH(TRUE)」(初ソフト化)+「REBIRTH」

引用 – evangelion.co.jp/ng.html

こちらはTVシリーズ全26話が収録されているのはBlu-rayと同じですが、「TV放映時そのままのバージョンを初ソフト化」とあります。

Blu-ray版との違いは、DVD版は本当に“放映当時の映像”をそのまま収録しているという点。通常パッケージ化される時には作画や音楽など細かいところが修正されたりしますが、DVD版ではこれらの修正をする前の映像を収録しているとのことです。

また、『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』の TV放映版についてですが、これは1997年公開の『シト新生』部分の一部を改変して、1998年1月にWOWOWで放送したバージョンと思われます。 ちなみにWOWOW放送当時のチラシがこちらです。

WOWOW 1998年1月放送番組表の表紙はエヴァ旧劇場版

英語表記のタイトル『DEATH』の後ろに 『(TRUE)』が付いているのが見分けるポイントです。 WOWOW版は当時、WOWOWに加入していた友人がビデオをダビングしてくれたので持っていますが、さすがに今観るのは厳しかったので今回の収録は嬉しい限りです。

でも、なんでBlu-rayではないんでしょう? なお今年の8月25日に関東地方で放送された『Air/まごころを、君に TV版』は収録されていないようです。

BOX発売時期に不安が・・・

突然発表された今回のBlu-ray BOXとTV版DVD BOXでしたが、TVアニメシリーズのBlu-ray化はファンの間でも待ち望まれていましたので、嬉しいサプライズとなりました。

とはいえどうせ今年発表するのであれば、8月の『Air/まごころを、君に TV版』が放送された時か、新劇場版『Q』が地上波放送されたタイミングの方が盛り上がったような気がします。

それと新劇場版の完結編である『EVANGELION:3.0+1.0』の公開時期が現在まで不明のままなのですが、私はずっとエヴァにとって記念すべき年である2015年が完結編公開の年だと思っていました。

しかし今回の旧シリーズのBOX発売が2015年の、しかもエヴァの舞台である夏を予定しているということで、ひょっとして完結編の公開は2015年には無いんじゃないかと不安になってきました。

2015年のイベントはBOXの発売のみで、仮に新劇場版の完結が2016年以降だとすると、以前、庵野秀明監督が発言していた「『序』から『破』が2年、『破』から『Q』が3年なんですよね。だから『Q』から『シン』は4年かな? 5年でも6年でもいいかも」(東京国際映画祭4日目・トークショーイベントにて、引用:exciteニュース)という発言とピッタリいきそうで非常に怖いです。

といっても上記の発言は冗談のように語っていましたのでそれを狙っているとは思えませんが、とにかく今回のBlu-ray BOXの発売決定のニュースは嬉しい半分・恐怖半分といった、個人的に微妙な感じのニュースでした。

※追記 発売日が2015年8月26日に決定しました。

※発売されました。

 

参考HP

スポンサードリンク
スポンサードリンク

このページの先頭へ