エヴァグッズ No.320 トミカ ヱヴァンゲリヲン新劇場版 NERV官用車

公開日:2015年01月17日│更新日:2015年01月17日│[模型]

幅広い年代に人気のトミカに、コスモスポーツを元にしたネルフ官用車が登場。

ドリームトミカ エヴァンゲリヲン新劇場版 NERV官用車 ミニカー

スポンサードリンク

グッズ概要

タカラトミーが2015年1月に発売したNERV官用車のミニカー。価格は税抜き700円。正式名称は「ドリームトミカ ヱヴァンゲリヲン新劇場版 NERV官用車 (作戦部1課管轄)」。
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』において、エヴァ3号機の起動実験に向かうミサトとアスカが乗っていた車で、ベースとなっているのはマツダのコスモスポーツです。

今回のミニカーは同社のコラボシリーズ「ドリームトミカ」の一つとして販売。同シリーズには他にも『マリオカート8』や『ルパン三世』など、様々な企業とコラボしたモデルが販売されております。

なお、NERV官用車は2012年に1/18スケールでも発売されております。

パッケージ

パッケージにはミニカー本体と、ネルフの新ロゴが右下にあります。

エヴァ官用車 パッケージ

裏面。エヴァのオフィシャルグッズのロゴがあります。©マークは「カラー」表記のみ。

R1015074

上面には『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のロゴがあります。

R1015073

本体

こちらがミニカー本体。コスモスポーツの特徴的なボディ。

R1015077

カラーリングは元ネタになっているであろう『サーキットの狼』にそっくりです。

R1015078

ネルフ官用車 カラーリングはサーキットの狼

扉にはネルフのロゴマーク。

R1015080

ネルフロゴマーク下にある「1971」は、劇中に登場した時のナンバープレートであり、庵野監督が大好きな『帰ってきたウルトラマン』が放送開始された年でもあります。

ネルフ官用車 扉のロゴマーク 1971年は帰ってきたウルトラマンの放送年

扉の開閉ももちろん可能。

R1015084

車両内部。シートはもちろんシフトレバーもあります。

R1015083

本体裏側。元になったコスモスポーツの名前とベトナム産の表記。

R1015085

感想

改めてこの車を見ると、元ネタになったであろう『サーキットの狼』や『帰ってきたウルトラマン』などへのオマージュが現れており、見ていて楽しいですね。
サイズも金額も手ごろなトミカでエヴァグッズが出るのは嬉しいところです。保管用と飾る用に2台買ってしまいました。

ドリームトミカ 

タカラトミーはこの他にも、コンボイやチョロQシリーズなどにもエヴァグッズを出しており、エヴァとのコラボにかなり積極的なイメージがあります。
チョロQでは既に出ておりますが、エヴァに登場した他の車両も、ぜひトミカで販売して欲しいところです。

参考HP

スポンサードリンク
スポンサードリンク

このページの先頭へ