エヴァグッズ No.154 富士急ハイランド限定 弐号機 いちご饅頭

公開日:2013年12月16日│更新日:2015年01月12日│[食べ物]

富士急ハイランドにて限定販売されたいちご餡を使ったお饅頭

富士急ハイランド限定 弐号機 いちご饅頭 パッケージ

グッズ概要

実物大の初号機を製作したことで話題となった富士急ハイランド「EVANGELION WORLD エヴァンゲリオンワールド」が2011年4月にリニューアルされ、新たに実物大弐号機が製作されましたが、その時の記念に作られたのがこのいちご餡を使用したお饅頭。

これ以前には、初号機バージョンのお饅頭もありました。
初号機の時の記念まんじゅうは白餡を使用したものでしたが、こちらは赤いパッケージにあわせてかいちご餡となりました。

なお期間を定めての販売というわけではなく、「エヴァンゲリオンワールド」に行けば基本的にいつでも購入可能でした。
販売者は数多くのエヴァンゲリオンのお菓子を販売している「しいの食品」。

パッケージデザイン

パッケージには弐号機のパーソナルカラーである赤を使用。
裏には弐号機と富士山の写真が載っています。

R1000441

富士山をバックに弐号機のイラスト、「正規実用型苺餡饅頭」の文字。

R1000438

箱には小さいネルフマークと富士急のロゴがたくさんあります。

R1000444-001

裏箱、うっすらと「エヴァンゲリオンワールド」のロゴが見えます。

R1000443-001

中身

お饅頭は10個入っていて、それぞれ包み紙にくるまれています。

R1000446-001

こちらがお饅頭。

R1000448

包み紙にはすべて劇中カットの弐号機が使用されています。

R1000450-001

感想

初号機に続いて販売された2号機のおまんじゅう。一つ一つが小さいので、おまんじゅうが甘くてもそんなに飽きません。
また包み紙が4種類もあったのが、地味に良かったです。

参考HP

スポンサードリンク

このページの先頭へ