エヴァグッズ No.259 『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air まごころを、君に』 オリジナルサウンドトラック

THE END OF EVANGELION 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に サントラ 全体
スポンサーリンク

THE END OF EVANGELION 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に サントラ 全体

エヴァの旧劇場版『THE END OF EVANGELION』のサントラを紹介。個人的には今までで最も聞いたエヴァ関連CDだと思います。

グッズ概要

1997年7月公開の映画『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』の劇中使用曲を収録したサウンドトラック。
CDタイトルの『THE END OF EVANGELION』は、『Air/まごころを、君に』の英語表記。

発売日は1997年9月で、発売一週間で16.5万枚を売り上げ、週間オリコンランキング3位でした(オリコンスタイル

2004年には昨今流行りのハイレゾ仕様である、DVD-Audio版(96kHz/24bit、5.1chサラウンド対応)が発売されました。

その後、2013年12月のTV版サントラのハイレゾ版配信に続き、このサントラも2014年12月にハイレゾ配信が開始されました。

『THE END OF EVANGELION』のハイレゾ版が配信開始!さっそく全曲購入して聴いてみました
人気楽曲も収録のエヴァ旧劇場版のサントラがハイレゾ版となって配信開始!全14曲をさっそく聴いてみました。

初回限定版

初回限定として、赤い透明のスリーブケースが付属していました(現在無くしてしまったので写真はありません)。

収録曲

収録曲は全14曲。楽曲はTVシリーズと同様、主に鷺巣詩郎氏が担当しております。

  1. 他人の干渉
  2. 真夏の終演
  3. 退行への緊急避難
  4. 偽りの、再生
  5. 身代わりの侵入
  6. II Air [ORCHESTRAL SUITE No.3 in D Major,BMV.1068]
  7. 空しき流れ
  8. THANATOS-IF I CAN’T BE YOURS-
  9. 始まりへの逃避
  10. 不安との密月
  11. Komm, süsser Tod/甘き死よ、来たれ(M-10 Director’s Edit. Version)
  12. Jesus bleibet meine Freude [Herz und Mund und Tat und Leben BMV.147]/主よ、人の望みの喜びよ
  13. 閉塞の拡大
  14. 夢のスキマ

イラスト・デザイン

ジャケットは作品のメインビジュアルである赤い海。劇場ポスターではこれを背景に、キャラクターが死んでいるイラストが使用されました。

THE END OF EVANGELION 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に サントラのジャケットデザインはLCLの海

ジャケットイラストは赤い海

エヴァグッズ No.405 『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』 告知用B2ポスター 1
エヴァ旧劇場版・完結編のポスター。

ケース裏面には収録曲が書かれております。元になったのは『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air まごころを、君に』のラストシーンですね。

THE END OF EVANGELION サントラケースの裏面は映画のラストシーン

裏面は劇中のラストシーン

ブックレット

こちらはブックレットの中身。全14ページで曲の解説などは一切なく、劇中シーンと一部の曲の歌詞が載っているのみです。

ブックレット中身その1

こちらはシンジがミサトと別れる最後のシーンでかかる「身代わりの侵入」。シンジが劇中に喋るセリフが載っています。

THE END OF EVANGELION 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君にのサントラインストには劇中のシーンを使ったもの

ブックレット中身その2

こちらは終盤『人類補完計画』発動時にかかる「甘き死よ、来たれ」の歌詞と日本語訳。なお、日本語の原詞は庵野監督が担当しています。

甘き死よ、来たれの英語・日本語の歌詞

ブックレット中身その3

感想

現在まで数え切れないほど聴き込んだ、思い入れ深いCDです。
クラシック色の強い印象ですが、劇中を反映してか全体的に暗い曲調のものが多いです。

唯一明るい曲調のNo.11「甘き死よ、来たれ」も実際の歌詞を見ると破滅的な内容で、とてもこのCDを聴いて楽しい気持ちになるものではありません。

ただ嫌いなCDという訳ではまったくなくて、劇場公開当時にはほぼ毎日擦り切れるほど聴いていました。全部の曲が好きですが、特にNo.4「偽りの、再生」やNo.5「身代わりの侵入」なんかが特にお気に入りです。

今でもエヴァに熱中していた時期を思い出させてくれる大切なCDです。

参考HP

タイトルとURLをコピーしました