エヴァグッズ No.1300~1313 セガ 「ポスターヒーローズ」 第1弾【1´(いちダッシュ)】 全14種フルコンプ

マニアから“幻のポスター”と呼ばれている、セガ「ポスターヒーローズ」第一弾の数量限定特別バージョンとして登場した【1´(いちダッシュ)】のフルコンプを紹介します。

スポンサーリンク

グッズ概要

セガのポスターシリーズ「ポスターヒーローズ」の特別バージョン【1´(いちダッシュ)】のコンプリート。全14種(推定)ありました。

「ポスターヒーローズ」(ポスタードリーム)は1996年~1997年にプライズ用の景品としてセガから登場したシリーズで、これまで第1弾~第3弾が登場しておりますが、1996年10月に登場した第1弾のみ、セガ内部で【1´(いちダッシュ)】と呼ばれる特別なシリーズがありました。プライズへの登場は1996年12月。

これはイラストは第1弾と同じものを使いながら、紙質を通常のものではなく、ゴールドバージョンやシルバーバージョン、透明セルバージョンといったものに変えたもので、全国で100セットほどしか出荷されていない、とても貴重なシリーズとのこと。

なお、第1弾には元々シークレットとしてトレーシングペーパーや銀紙バージョン(綾波レイのポスターのみ)がありますが、【1´(ダッシュ)】はそれらとはまったく別のモノとなります。

当時のエヴァグッズを網羅した角川書店の書籍『新世紀エヴァンゲリオン オールグッズカタログ』にもごく一部のものが紹介されているだけの、まさに幻のポスターとなっております(なお、シルバーバージョンについて同書には記載がまったくありません)。

引用:『新世紀エヴァンゲリオン オールグッズカタログ E-MONO』 10ページ 1997年12月 角川書店発行より

内訳としては、ゴールドバージョンとシルバーバージョンが同じイラストでそれぞれ4種類ずつ計8枚、透明バージョンが6枚の全14種となっております。

なお、ノーマルバージョンの紹介は、以下の記事でしております。

エヴァグッズ No.577~586 セガ 「ポスターヒーローズ」 第1弾 全10種
ゲームセンターの景品として貰えたセガのB2ポスターシリーズ。第1弾全10種の紹介。

イラスト・デザイン

ポスターイラストは第1弾に登場した各種版権イラストや、中山勝一氏による描き下ろしイラストと同じものを使用。

まずはシルバーとゴールドを紹介。写真だと違いがわかりにくいのですが、比較用に同じイラストの通常版を置いてみました。

ノーマルとゴールド、シルバーの質感の違い

真ん中の上がノーマル、左がシルバー、右がゴールドです。シルバー・ゴールドともメタリック仕上げでテカテカ光っているので質感がわかりづらいのですが、実物は違いがハッキリわかります。

全体的にゴールドはポスター全体が金色に光っている感じ、シルバーは元のイラストをそのままメタリック仕上げにしたような感じで、銀一色というわけではありません。

以下シルバーとゴールドを同じイラストで並べて紹介。各4種、全8種類です。

まずは“決戦兵器は、14歳”のキャッチコピーで有名な、エヴァ最初のポスターイラストを使った物。イラストは鈴木俊二氏によるもの。左がシルバー、右がゴールド。

メインキャラ全員集合のシルバーとゴールド

続いて月とレイのイラスト。イラストは本田雄氏によるもの。左がシルバー、右がゴールド。

月とレイ、シルバーとゴールド

こちらは「残酷な天使のテーゼ」のジャケットイラストを使用したもの。イラストは同じく本田雄氏によるもので、左がシルバー、右がゴールド。

アスカ・シンジ・レイの3人集合。左がシルバー、右がゴールド

最後はエヴァ初号機。上がゴールド。下がシルバー。これが写真で見ると、一番通常版との違いが分かりづらいものでした。

エヴァ初号機。上がゴールド、下がシルバー

続いて、透明セルバージョンを紹介します。イラストは中山勝一氏による描き下ろしと、本田雄氏によるものがあります。

裏紙がグレーなのでこちらも写真では透明感が分かりづらいと思いますので、ノーマル版と比較してみます。左がノーマル、右が透明セル。

ノーマルと透明セルの比較

通常版と比べるとちょっと暗いだけにしか見えませんが、もっとわかりやすく透明セルの後ろにコミックスを入れてみました。こんな感じで本当に透明な仕上がりになっております。

透明セルはこんな感じ。

なお、この透明セルの綾波レイは同じものが3枚ありまして重ねているため、イラストの線が濃く見えますが、それでもこれだけ透けて見えます。

以下では透明セルバージョンを6枚紹介します。まずはシンジとレイ。

シンジとレイ。透明セルバージョン

続いてアスカとミサト。ミサトの透明セルは滅多にみません。

アスカとミサト。透明セルバージョン

マヤ&リツコ。こちらもミサト同様、透明セルは滅多にみません。

マヤとリツコ。透明セルバージョン

最後はレイ。本田雄氏による月刊アニメージュの表紙イラスト。通常版の第1弾ではこのポスターのバージョン違い(トレーシングペーパーとメタリック)がシークレットでした。

綾波レイ、透明セルバージョン

感想

「ポスターヒーローズ」シリーズ自体は出荷枚数もそれなりにあったようで、現在でもネット上で比較的安価に取引されております。描き下ろしイラストも多く、イラスト自体は他のグッズにも使用されて有名なのでネットでもよく見かけますね。

が、この【1´(いちダッシュ)】ポスターは本当に見る機会が少なく、あまりにもマイナーな存在なのでバラ売りでも滅多に取引されている様子はありません。

私自身も存在を知ったのは上記角川書店の『オールグッズカタログ』でして、知ったとき(1997年)にはすでに市場から消えておりました。ずっとコンプリートしたかったのですが何しろ情報自体が少なく、全部で何枚でコンプなのかそれすらもわかりませんでした。一度、セガに問い合わせしたこともあったのですが、古すぎて情報がないと言われたりしました。

長年収集を続けていくうちに透明セルとゴールドのほかに、『オールグッズカタログ』に載っていなかったシルバーバージョンの存在も知りました(月とレイのものが最初だった)。そして、だいたい描き下ろしキャラは透明、他はゴールドとシルバーのバージョンがあるようだと気づきましたが、コンプリートがより絶望的になったのは覚えております(笑)。

全14種あるらしいとわかったのはここ数年で、これすらも実際には違う可能性があるのですが、集めてみるとだいたい辻褄があうというか、およそこんな感じだろうと思ったので、とりあえずこれでコンプリートとしております(間違っていたらすみません)。

長年集めているなかで、何度か入手の機会があったにもかかわらず取り逃がしたものもあって(ミサトとマヤ&リツコの透明バージョンなど)、一度逃したら10年以上見かけなかったこともあります。また、ノーマルだと思ったら実際にはゴールドバージョンだった嬉しい誤算もありました。とにかくコンプするまでに長い年月を要したこともあり、悲喜こもごもでした。

貴重なポスターですが、ダブリも結構あったりもして、例えばエヴァ最初のポスターイラストを使った物(“決戦兵器は、14歳”のやつ)はゴールドバージョンは4枚も持っています。が、シルバーバージョンは1枚しか持っていなかったりするのでかなり偏りがあります。出荷枚数は100セットらしいですが、なぜこんなにバラバラなのか、面白い流通の仕方をしているなとも感じます。

自分の収集歴のなかで長年かけただけあって、モノ自体もレアですが色々なことを思い出させてくれるという意味で、とても貴重なコレクションです。