エヴァグッズ No.608~618 「エヴァンゲリオン展 熊本」ポストカード

エヴァンゲリオン展 熊本会場限定ポストカードセット ポスターのイラストを使用

イベント開催告知ポスターでも登場したイラストをポストカードにしたセット。

スポンサーリンク

グッズ概要

2015年2月28日~4月12日まで熊本県で開催された【エヴァンゲリオン展】熊本会場で限定販売されたポストカード。全11種。

「エヴァンゲリオン展」熊本会場でのみ製作・掲示されたPRポスターのイラストを使用したポストカードで、全11種のセット販売が1,200円で販売されましたが完売。その後は1枚150円でバラ売りもされました。

セット販売とバラ売りの違いは、特製紙ケースに入っているかどうかのみ。紙ケースはくまモンがエヴァ初号機のコスプレをした描き下ろしイラストが入ったものでした。

エヴァ展熊本会場限定ポストカードセットの特製ケース。くまモンエヴァのイラスト入り

イラスト・デザイン

ポストカードの基本的なデザインは共通で、表面には熊本県オススメ風景や名所の写真が使用されており、そこにエヴァのキャラクターなどが合成されております。

s-R1017440

裏面はすべて同じデザインとなっており、左上にエヴァ初号機のコスプレをしたくまもん、下部には会期などの情報があります。

くまモンエヴァのコラボポストカード。裏面

以下ではポストカードを1枚ずつ紹介。まずはエヴァ初号機と熊本城。

エヴァ初号機と熊本城

つづいて天草の風景とシンジ・ミサト。本編シーンと上手く合成されております。

s-R1017446

荒尾とエヴァ2号機。背景の写真は、2015年7月に世界文化遺産へ登録された【万田坑】。

荒尾とエヴァ2号機。写真は2015年7月に世界文化遺産へ登録された【万田坑】

こちらは制服姿のチルドレン5人と、人吉市にある国宝の【青井阿蘇神社】。キャラのイラストは本田雄氏によるもの。

エヴァと人吉市の国宝【青井阿蘇神社】

エヴァ初号機と、上益城郡山都町長原にある通潤橋が放水している写真。通潤橋は国の重要文化財に指定されております。

エヴァ初号機と上益城郡山都町長原にある通潤橋

山鹿市にある【八千代座】とゲンドウ・冬月コンビ。こちらも国指定の重要文化財です。

山鹿市にある【八千代座】とゲンドウ・冬月

ペンペンと芦北で漁に使われる帆船「うたせ船」の写真。

うたせ船とペンペン

カヲル君と菊池の風景。熊本県の菊池川にある菊池渓谷でしょうか。自撮りっぽいレイアウトがなんかシュールです。

渚カヲルと熊本県の菊池川にある菊池渓谷

こちらのテストプラグスーツのアスカは、八代市の風景とのセット。

アスカと八代市の風景

阿蘇山と雲海から顔をのぞかせるエヴァMark.6。

s-R1017454

レイと宇土の灯台?でしょうか。ちょっとよくわかりません。

s-R1017455

感想

熊本会場の「エヴァンゲリオン展」で掲示されたエヴァと観光名所のポスターはもちろん非売品でしたので、同じ絵柄であるこちらのポストカードはコレクターにはありがたかったです。

こうしてみると熊本県は貴重な文化遺産が数多くあるのがわかって勉強になりました。
せっかく日本各地で開催しているのですから、こうした開催地をPRできるグッズがあると楽しさも倍増すると思います。

ただせっかくのPRなのに、各ポストカードにその写真の簡単な解説が無かったのは、ちょっと残念でした。