エヴァグッズNo.518~522 『エヴァ』×『自遊空間』のコラボグッズ第1弾 A賞~D賞と特別会員証

エヴァと自遊空間とのコラボ企画の景品、コンプリート

スポンサーリンク

グッズ概要

2015年4月24日~6月14日まで行われたエヴァと自遊空間のコラボキャンペーン「~フードメニュー補完計画~スクラッチ獲得作戦」でプレゼントされた景品とアスカ特別仕様バージョンの会員証。

[blogcard url=”https://evacollector.com/news-150409/”]

このコラボでは自遊空間とのコラボ第一弾として、フードメニュー600円ごとに貰えるスクラッチカードでA~D賞までが貰えました。

こちらがそのスクラッチカード。

エヴァ時空のスクラッチカード

景品は以下の通り。

  • A賞: アスカ スマホスタンド 1,700名
  • B賞: アスカ メラミンカップ 1,700名
  • C賞: アスカ クリアカード  5,000名
  • D賞: 自遊空間フード50円割引券

スクラッチカードはハズレが無い仕様でしたので、A~Dのいずれかは必ず貰えました。
これ以外に応募券で当たるS賞“オリジナル描き下ろしタペストリー”もありました(こちらは当選人数19名)。

また上記とは別に、コラボグッズとして自遊空間の会員証・アスカ特別バージョンも200円で販売されました(各店舗200枚限定)。

なお、こちらのキャンペーンは当初5月31日までの予定でしたが、【暴走モード突入】として6月14日まで期間が延長されました。

エヴァ自空 エヴァと自遊空間のコラボ企画 期間延長の暴走モード
(引用:(引用:自遊空間 公式HP 「エヴァ自空、始動。」より)

それに伴いスクラッチカードが貰える条件もフードメニュー500円以上になった上、1度に2枚のスクラッチが貰えることになりましたので、かなり条件が緩和されておりました。

イラスト・デザイン

景品にはキャンペーン描き下ろしの私服アスカイラストが使用されております。

A賞・スマホスタンド

アクリル(?)でできたアスカのイラストにスマホを立てかけるスタンド。
かなり小さいですが、ちゃんとスマホを立てかけられます。

描き下ろしアスカイラストを使用したスマホスタンド

別パーツの台座にはエヴァと自遊空間のロゴが並んでおります。

746435643

B賞・メラミンカップ

メラミン樹脂でできたカップ。かなり軽いです。
なぜかこれだけアスカの衣装が違いますが、上半身がやたら太って見えてしまいます。

自遊空間とエヴァがコラボした時の景品の一つメラミンカップ

こちらは別角度から。アスカ推しの今回のキャンペーンらしくアスカばかり。

745646462

エヴァの20周年記念ロゴもあります。

45645645

C賞・クリアカード

エヴァンゲリオン20周年記念ロゴが入ったクリアカード。
大きさといい、まるでウエハースカードのような感じです。

74564645

D賞・自遊空間フード50円割引券

スクラッチカードのいわゆる“ハズレ券”。
こちらの右上の応募券を三枚集めるとS賞へ応募できました。

456734563463

自遊空間会員証・アスカ特別仕様

各店舗200枚限定となる、自遊空間のメンバーズカード。1枚200円。
普通の会員証のように何度でも繰り返し使うため結構丈夫です。

自遊空間がエヴァとコラボしたときの特別アスカ仕様の会員証

後の第二弾キャンペーン時に販売された、レイのメンバーズカードとの比較。

自遊空間で販売されたエヴァ特別仕様の会員証。アスカとレイの2種類。

[blogcard url=”https://evacollector.com/eva-no715-jiqooeva-card-rei/”]

スポンサーリンク

感想

コラボ第一弾となっておりますが期間の延長とスクラッチカードの条件緩和を見ると、あまり好評ではなかったのではと邪推してしまいます。

また今回のアスカ推しはアスカファンの自分には嬉しいのですが、下手にキャラを絞らないほうが幅広いエヴァファンを呼べたのではと思います。

肝心の景品ですがそれほど物欲をそそるものはなく、有料の会員証が一番デキが良いように感じてしまいました。
タペストリーも良いのですが抽選19名は当たる気がしません。
せめて店頭にあったアスカのスタンドパネルとかポスターの景品であれば、もう少しやる気がでたように思えます。

最後に、自遊空間にはこれまで行ったことがなかったのですが、エヴァとのコラボのために今回初めて入ってみました。
暑い日だったのですが結構快適で、ドリンクバーやフードメニューの種類が結構豊富ですし店員さんも親切で、下手なファミレスなんかよりも過ごしやすかったです。
このキャンペーンがなければ入る機会もおそらくなかったでしょうから、そういう意味でキャンペーン自体はありがたかったです。

参考HP