エヴァグッズ No.754~755 『ヱヴァ:破』公開告知 &『新世紀エヴァンゲリオン』Blu-ray BOX発売告知 懸垂幕バッグ

公開日:2015年12月31日│更新日:2015年12月31日│[バック]

実際に宣伝で使われた懸垂幕を使用した数量限定のバッグ。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の公開記念及び『新世紀エヴァンゲリオン』のBlu-ray BOX、DVD BOX発売記念の懸垂幕を使用したバッグ。2種類。

スポンサードリンク

グッズ概要

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公開時、及び、『新世紀エヴァンゲリオン』Blu-ray BOX発売時に渋谷109ビルの壁面に飾られた懸垂幕を使用したバッグ。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の公開記念及び『新世紀エヴァンゲリオン』のBlu-ray BOX、DVD BOX発売記念の懸垂幕を使用したバッグ。2種類。

オレンジのバッグは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が2009年6月に公開された際に渋谷109MEN’S館の壁面の飾られた懸垂幕を使用したバナーバッグで、2012年11月に名古屋パルコで開催された『EVANGELION100.0』の会場で販売されました。

数量限定販売で価格は26,250円でしたが完売したようです(限定数36個?)。

もう一つの白いバッグは、2015年8月発売の『新世紀エヴァンゲリオン』Blu-ray BOXの宣伝として、同じく渋谷109MEN’S館に飾られた懸垂幕を使用した縦型トートバッグ。
東京・池袋のエヴァストアで11月28日から予約、12月23日に発売されました。

価格は19,440円。こちらも数量限定でしたが、限定数は不明です。

どちらのバッグも実際に使用された懸垂幕を使用している関係上、最初から若干のキズや汚れが付いていたりしました。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 公開告知懸垂幕 バナーバッグ

まずは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のバナーバッグを紹介。
作りはシンプルですが、幅50cm近くあり収納力は高いです。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の公開時、宣伝で渋谷109に展示された懸垂幕を使用したバッグ。数量限定で完売した

横。最も広い一番下の部分で20cm近くあります。

s-R1018051

後ろ。

s-R1018052

中身。仕切りなどは一切無いので、色々分けて入れようとすると不便かも。

s-R1018049

こちらは商品に同梱されていた実際の懸垂幕の写真が載った紙。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破の公開時、渋谷109に掲示された懸垂幕。

自分のバッグがどの部分なのかこれで探せますが、私のは文字がごく一部(白い部分)しか入っていないため、どの部分だかわかりませんでした。

『新世紀エヴァンゲリオン』 Blu-ray BOX 発売告知懸垂幕 縦型トートバッグ

続いて『新世紀エヴァンゲリオン』Blu-ray BOXの懸垂幕を使用したトートバッグ。
およその寸法は、幅35cm・高さ40cmといったところ。

『新世紀エヴァンゲリオン』のBlu-ray BOX、DVD BOX発売記念の懸垂幕を使用したバッグ。実物から切り取られ製作された

“使徒を喰ってる?”の「喰」という漢字がもろに正面にきています。

数量限定のエヴァ懸垂幕バッグ。

中央にはエヴァ20周年記念ロゴがあります。

エヴァの懸垂幕バッグに使用されたエヴァ20周年記念ロゴ

こちらは裏面。
表とは切り取られた部分が異なり、どうやら“浸食”の食の下部分のようです。

s-R1018048

中身。上記のバッグと同様、仕切りなどは一切ありません。

s-R1018046

こちらのバッグにも、実際に使用された懸垂幕の写真が載った紙が付いています。

『新世紀エヴァンゲリオン』のBlu-ray BOX、DVD BOX発売記念の懸垂幕。渋谷109に展示された

こちらはもろに漢字が当てられているため、どの部分だかすぐにわかりました。

感想

長期間掲示されるわけではありませんが、大きな壁面に飾る懸垂幕を使用しているだけあって、素材は非常に丈夫だと思います。

実物を触ってみるとわかりますが耐久性は高そうですので、雨に濡れてもビクともしないと思います(屋外使用の懸垂幕ですから当然でしょうが)。
また、ちょっとくらい汚れても、水で洗い流せばOKでしょう。

ただ、丈夫ゆえに素材が固めなので、実際にバッグとして使おうとすると使いづらく感じると思います。
革製品と違って時間が経てば馴染んでくるとも考えづらいですし、この辺りは割り切りが必要でしょう。

グッズとしてみれば、実際に広告に使用されたものが、極一部とはいえ、こうして買えるというのは嬉しいですね。
ただ、Blu-ray BOXの懸垂幕のバッグは、もう少し良い部分が当たって欲しかったです(柄はランダム)。
こうしてみると公式に掲載された見本写真は、かなり良い部分だったんだなーと思いました。

参考HP

スポンサードリンク
スポンサードリンク

このページの先頭へ