エヴァグッズ No.1323 【エヴァンゲリオン展】 開催告知ポスター 手塚治虫記念館

手塚治虫記念館で開催された【エヴァンゲリオン展】の告知ポスター

手塚治虫記念館でエヴァンゲリオンの展示があったときの告知ポスター。

スポンサーリンク

グッズ概要

2012年6月29日~10月22日まで兵庫県宝塚市にある手塚治虫記念館で開催された【エヴァンゲリオン展】の告知ポスター。サイズはB2。

【エヴァンゲリオン展】は手塚治虫記念館の第56回企画展として開催されたもので、本編のストーリー解説や登場人物紹介、関連グッズのほか、カヲルやアスカ、レイの等身大フィギュアや2mのエヴァ初号機フィギュアなどの大型のものを含め、様々な展示物がありました。

なお、【エヴァンゲリオン展】は同名の企画が2013年から全国を巡回しておりますが、こちらの【エヴァンゲリオン展】とはまったくの別物です。また、2011年7月~10月まで石ノ森章太郎記念館で開催された企画も【エヴァンゲリオン展】ですが、やはり別のものとなっております。

イラスト・デザイン

ポスターには【エヴァンゲリオン展】のロゴのほか、綾波レイのイラストや開催期間・記念館までの地図などの情報が記載されております。

手塚治虫記念館で開催された【エヴァンゲリオン展】の告知ポスター

手塚治虫記念館で開催された【エヴァンゲリオン展】の告知ポスター

イラストは貞本義行氏による、プラグスーツの綾波レイ。描き下ろしではなく、ヤングエースが創刊された当時(2009年7月)の第1号表紙に登場したものと同じイラストです。

貞本義行氏による綾波レイのイラスト

【エヴァンゲリオン展】のロゴ。一部の文字色がカラフルになっており、フォントもエヴァ関連ではあまり見ないような印象です。

【エヴァンゲリオン展】のロゴ

手塚治虫記念館のロゴとアクセスマップ。宝塚南口駅から徒歩5分とあります。

手塚治虫記念館のロゴやマップ

感想

同名の企画名が色々あってちょっと紛らわしい【エヴァンゲリオン展】ですが、2020年までに全国20か所近くで開催されている【エヴァンゲリオン展】はこの翌年からスタートしているのでまったくの別物です。

手塚治虫記念館での開催時には、世界的に有名な『鉄腕アトム』とのコラボグッズも発売されましたので、近くにお住まいのエヴァファンは、見に行かれた方も多かったのではないかと思います。

ポスターでは大きく描かれた貞本義行氏のレイは、非常に印象的な表情をしております。ヤングエース創刊時の第1号の表紙に登場したものですが、個人的にはかなり好みのレイです。