エヴァ新幹線「500 TYPE EVA」の運行が今日からスタート!博多-新大阪間をエヴァ初号機が疾走する

公開日:2015年11月07日│更新日:2015年11月07日│[ニュース]

初日の式典やオリジナルグッズの紹介など。

山陽新幹線「500 TYPE EVA」 エヴァ新幹線コラボの記念式典
(引用:トラベルWatch 「山陽新幹線とエヴァンゲリオンのコラボ車両「500 TYPE EVA」発進!」より)

スポンサードリンク

本日から運行開始

エヴァ20周年記念と山陽新幹線開業40周年を記念して企画された「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」。7月にプロジェクトが発表されてから少しではありますがグッズも登場しておりました。

そして本日、遂に博多・新大阪間での運行がスタートしました。

初日の式典が行われたJR博多駅には今回デザインを行ったメカニックデザイナーの山下いくと氏のほかにも多くの鉄道ファンが集まった模様です。

山陽新幹線「500 TYPE EVA」 エヴァ新幹線コラボの記念式典
(引用:同上)

今回の「500 TYPE EVA」は外観だけでなく、実際に座れるエントリープラグやパネル/ジオラマの展示などもありますので、エヴァファンなら一度は乗ってみたいですね。

56466344
(引用:「JR西日本、エヴァンゲリオンとコラボした500系新幹線「500 TYPE EVA」を披露」より)

エヴァ新幹線 内装
(引用:同上)

「500 TYPE EVA」の運行は2017年3月までで、博多・新大阪間を1日1往復します。
ただし毎日運行しているわけではありませんので、詳しくは公式HPをチェックしましょう。

オリジナルグッズ付きのツアーも

JTBなどの旅行社では「500 TYPE EVA」を体験できるツアーを企画。「500 TYPE EVA」のNゲージが付くプランなどが販売されております。

JTB 「500 TYPE EVA」
(引用:JTB 「エヴァンゲリオン列車」より)

もちろん1号車のエントリープラグ搭乗も含まれたプランも発売されております。
往路もしくは復路のいずれかで「500 TYPE EVA」に乗れるプランは11月乗車分はJTBホームページ内WEBエースより、12月乗車分は店頭でのパンフレットにて販売されます。

エヴァ新幹線をまとめて体験してオリジナルグッズも手に入るチャンスですので、時間があれば自分も利用してみたいです。

博多駅構内にエヴァストアが期間限定オープン

今回のエヴァ新幹線プロジェクトに合わせて、博多駅構内ではエヴァストア「EVANGELION STORE HAKATA Sta.」がオープン。様々なエヴァグッズを取り扱っております。

EVANGELION STORE HAKATA Sta. エヴァストア博多駅店
(引用:エヴァストア公式blog「EVANGELION STORE HAKATA Sta. 本日オープン」より)

もちろん「500 TYPE EVA」限定グッズも取り扱っております。
期間は新幹線の運行期間よりだいぶ短く、本日から~2016年1月11日までとなっておりますので、立ち寄る予定の方はなるべく早めに行っておきましょう。

洞木3姉妹が初登場

今回ビックリしたのは新幹線とのコラボにあわせ、シンジのクラスメート・洞木ヒカリの姉妹が鶴巻和哉監督によるデザインで初お披露目されたことです。

これまで名前しか登場していなかった長女のコダマ・三女のノゾミでしたが、今回のコラボにより初めてデザインが公開されました。

エヴァに登場する委員長・洞木3姉妹のイラストが初公開。コダマ・ヒカリ・ノゾミ
(引用:同上)

そういえば洞木さん家の3姉妹の名前は新幹線から取られたものでしたから、今回のコラボにピッタリですね。

イラスト公開にあわせて、上記のエヴァストアではクリアファイルなどのグッズも登場。サブキャラでクリアファイルのグッズになるのは、近年では非常に珍しいですね。コレクターとしてはこれは絶対欲しい。

それにしてもまさか今になってキャラクターデザインされるとは思ってもみませんでした。今回のコラボ以外にもぜひ登場してもらいたいものです。

参考HP

スポンサードリンク
スポンサードリンク

このページの先頭へ