エヴァグッズ No.457~459 エヴァ情報紙「IMA-EVA」第1号~第3号

公開日:2015年04月27日│更新日:2015年04月27日│[カタログ]

無料で配布されたエヴァの情報紙。『Q』バージョン。

エヴァンゲリオンの今を知る情報紙「IMA-EVA」1号から3号

グッズ概要

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の公開前後にあたる2012年7月~2013年1月まで、全国の書店やアニメグッズ取扱店・エヴァとのコラボキャンペーンを行った企業施設などで配布されたエヴァのフリーペーパー情報紙「IMA-EVA」。サイズはB5。

ヱヴァンゲリヲンの「今」を知るというコンセプトの元、数多く展開された企業とのコラボ情報やグッズ各種の紹介、またアニメ評論家の氷川竜介氏のコラムや当時公開直前だった『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の上映劇場からのメッセージなど、充実したエヴァ情報を掲載した情報紙として全3号が発行されました。

かなりの発行部数があったようで、それほど大きくない地方の書店でも積み上げられていたのを目にしたほどです。

なお同様のフリーペーパーは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の時にも「EVA-EXTRA」として刊行されております。

IMA-EVA 第1号

表紙は『破』の次回予告で登場した眼帯のアスカ。
全24Pでオールカラーでした。

「IMA-EVA」第01号の表紙、眼帯のアスカ

配布スタートは2012年7月28日。『Q』公開前ということで、『Q』本編のカットは一切無く、『序』・『破』の場面カットが見開きでありました。

s-R1016016

また、全国の『Q』公開劇場や2012年夏に行われたコラボキャンペーンの情報が掲載されております。

エヴァのキャンペーン日本刀展と手塚治虫博物館でのエヴァ展

汐留のレイスライダーや東京ドームのエヴァイベント

汐留や東京ドーム、岡山県や兵庫県でのイベント等、こうしてみると日本各地でエヴァに関連したキャンペーンが大々的に展開されていたのがわかります。

こちらはローソンでのエヴァキャンペーングッズ。数が多かったので参考になりました。

ローソンのエヴァキャンペーン情報

IMA-EVA 第2号

表紙は『Q』本編でピアノを弾くカヲル。配布開始は『Q』公開直前の11月8日。
全32Pのオールカラーでした。

「IMA-EVA」第02号の表紙、ピアノを弾くカヲル

内容は『序』・『破』のTV放送の予定日や、コラボキャンペーンの情報など。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序と破のTV版放送予定日

モンテローザやピザハットとエヴァとのコラボキャンペーン情報

注目は氷川竜介氏によるコラム。

氷川竜介氏によるコラム、ヱヴァインパクトあ

エヴァが社会現象と呼ばれた95年当時から現在まで変わらぬ「インパクト」を世間に与え続けていることや、エヴァのパッケージ化の歴史、さらには現在でも古びないエヴァを代表する「極太明朝体」やレイ・アスカなどのデザインセンスについて言及しており、中々読み応えがあります。

また個人的にお気に入りなのは『Q』上映劇場からのメッセージ。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qの公開上映館からのメッセージ

短文ですが全国にある公開劇場からのメッセージをこれだけ多く見たことはなかったので新鮮でした。
ぜひ、『シン・エヴァンゲリオン』でもやってもらいたいです。

IMA-EVA 第3号

表紙はアヤナミレイ(仮称)。2,013年1月18日より配布されました。
全ページオールカラーなのは前2号と変わりませんが、ページ数が8ページと極端に薄くなっております。

「IMA-EVA」第03号表紙のアヤナミレイ仮称

見開きには『Q』本編のカットが多数。

s-R1016035

他にはモデルの山本美月さんのインタビューや、コラボキャンペーン情報など。

s-R1016037

公開から時間が経っていることもあってか、さすがに情報量が少なくなっています。
第2号が良かったので期待していたのですが、正直読み物としてはほとんど価値は無いと思います。

こちらは劇場販売グッズなど。これだけは参考になりました。

s-R1016039

感想

配布場所が多かったこともあり、『Q』公開前後での宣伝としては結構効果的だったのではないでしょうか。
エヴァファンである自分にとっては、多数のコラボキャンペーンなどの情報整理には重宝しました。

また上でも触れているように第2号などは読み物としても楽しめましたので、個人的には無料なのが少々申し訳ないくらいの良いデキだと思います。

ただ肝心の『Q』の情報は全3号通じてほとんどありませんので、そういったものを期待された方にとっては肩すかしだったとも思います。

それでも厳しい情報統制の新劇場版シリーズでは貴重な情報源でしたので、ぜひ完結編である『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』でも続けて刊行していただきたいと思います。

参考HP

スポンサードリンク

このページの先頭へ