エヴァグッズ No.1004 コトブキヤ【キューポッシュ】シリーズ 綾波レイ

公開日:2016年09月30日│更新日:2016年10月12日│[フィギュア]

【キューポッシュ】シリーズ初のエヴァフィギュア。

s-r1019441

グッズ概要

コトブキヤから2016年9月に発売された2.3頭身デフォルメフィギュアシリーズ【キューポッシュ】の綾波レイのフィギュア。【キューポッシュ】シリーズにエヴァが登場するのはこれが初となります。

また、同年10月にはアスカも発売されております。

なお、デフォルメフィギュアとしてはグッドスマイルカンパニーの【ねんどろいど】シリーズが特に有名で、エヴァンゲリオン関連でも2015年5月にレイとアスカの【ねんどろいど】が発売されております。

今回紹介する【キューポッシュ】は【ねんどろいど】と同様、デフォルメフィギュアではありますが、より可動に重点が置かれており、関節に埋め込まれたボールジョイントによって【ねんどろいど】よりも遙かに自由に可動させることが可能です。

パッケージ

商品パッケージは中のフィギュアが見えるもの。

コトブキヤのキューポッシュシリーズ エヴァンゲリオンの綾波レイのフィギュアパッケージ

パッケージ側面。おすまし顔のレイ。

s-r1019434

パッケージ裏面には、商品に付属する表情パーツや小物、ポージングが紹介されております。

s-r1019435

こちらはパッケージの中身。フィギュア本体と手首パーツや台座などの付属品。

キューポッシュ綾波レイのフィギュア本体と付属品のセット

付属品は以下の通りです。

  • 表情パーツ2種(おすまし顔、微笑顔)
  • 学生鞄
  • 差替え用手首一式(平手、握り手、持ち手)
  • 専用ベース(足裏マグネット対応)
  • 可動支柱一式(支柱、支柱用アーム、延長パーツ(細・太))
  • 収納用チャック袋

フィギュア全身

ここからはフィギュア本体を紹介。
まずは正面。頭が大きめで、全体的には【ねんどろいど】にソックリです。

キューポッシュ 綾波レイの正面全体

側面。

s-r1019455

背面。影で見えづらいですが、支柱アーム取り付け穴が空いております。

s-r1019456

胴体部分。スカート部分は柔らかめの素材でできております。

キューポッシュ 綾波レイの胴体部分

ちなみに【キューポッシュ】の特徴である足裏のマグネットがこちら。

キューポッシュの特徴である足裏のマグネット

これのおかげで、支柱アーム無しでも自立させることが可能です。

キューポッシュの綾波レイフィギュア 後ろの支えが無くても足裏のマグネットだけで自立できる

こちらは【ねんどろいど】との大きさ比較。【キューポッシュ】のほうが大きいのがよくわかると思います。

エヴァンゲリオン キューポッシュとねんどろいどの大きさ比較

表情パーツなど

表情パーツは2種類が付属。
こちらは、おすまし顔。

s-r1019439

こちらは微笑顔。本当に微妙に笑顔になっています。

キューポッシュ綾波レイの顔アップ

個人的にはフィギュアはとにかく顔が命だと思っているのですが、デフォルメながらもレイっぽさが感じられてクオリティが高いです。

ただ、髪の造形については立体感があまり感じられず、この部分は【ねんどろいど】のレイのほうが好みでした。

s-R1016391

こちらは付属の学生鞄を持たせたところ。
手首パーツを差し替えることで持たせられますが、保持力が若干弱く感じました。

s-r1019453

可動範囲

こちらは腕の可動範囲。
肩と肘がボールジョイントになっており、結構よく曲がります。

キューポッシュ腕の可動範囲

続いて足。
足の付け根とひざ・足首にジョイントがあるので、こちらもよく動きます。

キューポッシュの足稼働範囲

こちらは可動範囲をわかりやすくしたもの。
デフォルメフィギュアとは思えないくらい、良く可動します。

コトブキヤのキューポッシュシリーズの可動範囲 胴体と腕と足

広い可動範囲のおかげで、大きめの頭部を付けていても腕を前のほうに向けることができます。

s-r1019447

感想

【キューポッシュ】を購入したのはコレが初めてだったのですが、デフォルメフィギュアながら可動範囲の広さに驚かされました。

関節にボールジョイントが入っているので腕や足がとにかく良く動き、パッケージにあるようなポージングもわりと簡単に再現することが可能です。
また、足裏のマグネットのおかげで支柱アームを取り付けること無くフィギュアを自立させることができるので、気軽にフィギュアを飾ることができる点は思っていたよりも感動しました。この部分については【ねんどろいど】シリーズよりも明らかに優れていると感じます。

ただ、可動のためのボールジョイントがもろに球体人形っぽく感じてしまうので、そういったものが無い【ねんどろいど】のほうが好きという方もいらっしゃるでしょう。この辺りは可動とのトレードオフになりますから、どちらが良いとも言えないでしょう。

とはいえ、可動フィギュアとしてはやはり可動してナンボでしょうから、お手軽に色々なポージングが楽しめる【キューポッシュ】は満足度が高かったです。
今度はアスカのフィギュアも登場しますが、こちらも楽しみにしております。

スポンサードリンク

このページの先頭へ