『THE END OF EVANGELION』のハイレゾ版が配信開始!さっそく全曲購入して聴いてみました

公開日:2014年12月26日│更新日:2015年05月16日│[CD]

人気楽曲も収録のエヴァ旧劇場版のサントラがハイレゾ版となって配信開始!全14曲をさっそく聴いてみました。

旧エヴァ劇場版・「THE END OF EVANGELION」のサントラがハイレゾ版になって配信開始
(引用:e-onkyo music 「THE END OF EVANGELION」より)

スポンサードリンク

TV版・新劇に続いてのリリース

エヴァンゲリオン旧劇場版である『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』のサントラである「THE END OF EVANGELION」が、ハイレゾ版となってリリースされました。

個人的に最も聞いたエヴァのサントラだけに、今回のハイレゾ配信開始のニュースは嬉しい限りです。

今回ハイレゾ配信されたのは、1997年7月に公開された『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』のサントラである「THE END OF EVANGELION」。
購入はハイレゾ楽曲の専用配信サイト【e-onkyo music】や【mora】で行われております。

CD版の発売は映画公開から間も無くの1997年9月でしたが、2004年に一度、DVD Audio版がリリースされております(現在でいう広義のハイレゾ版といったところでしょうか)。
その後、DVD Audio自体が廃れてしまったため、中々高音質では聴くことができなかったのですが、今回のハイレゾ配信により気軽に楽しむことが可能になりました。

エヴァンゲリオン関連楽曲のハイレゾ配信は、2013年12月のTVシリーズ・2014年11月の新劇場版シリーズのサントラに続いてのものです。

ただこれまでエヴァのハイレゾは関連するシリーズを一気に発売していたのですが(TVシリーズ三作品、新劇場版シリーズ三作品)、今回は「THE END OF EVANGELION」のみとなり、同じ旧劇場版シリーズの「EVANGELION DEATH」の配信はありません。
しかし、これまでのラインナップを見るとそのうち「EVANGELION DEATH」も配信されると思われます。

ちなみに購入形式は全14曲のアルバム形式か1曲ごとか選べるのですが、アルバム形式で購入すると3,240円で、個別に全て購入しようとすると7,560円にもなってしまいますので、6曲以上購入するのであれば、まとめて買ったほうがお得です。

収録曲

曲の仕様はflac 192kHz/24bit。
収録曲については、ボーナストラックがついた新劇場版のリマスター版とは違い、先に販売されているCD版と変更はありません。

  1. 他人の干渉
  2. 真夏の終演
  3. 退行への緊急避難
  4. 偽りの、再生
  5. 身代わりの侵入
  6. II Air [ORCHESTRAL SUITE No.3 in D Major, BWV.1068]
  7. 空しき流れ
  8. THANATOS-IF I CAN’T BE YOURS-LOREN&MASH
  9. 始まりへの逃避
  10. 不安との蜜月
  11. Komm,susser Tod/甘き死よ、来たれ(M-10 Director’s Edit.Version) ARIANNE
  12. Jesus bleibet meine Freude [Herz und Mund und Tat und LebenBWV.147]/主よ、人の望みの喜びよ
  13. 閉塞の拡大
  14. 夢のスキマ

特典は無し

2013年に発売されたTVシリーズのハイレゾ配信の際には、収録曲全ての購入者には高画質のジャケット写真が特典としてありましたが、今回の「THE END OF EVANGELION」には残念ながらありませんでした。

購入した楽曲にはジャケット写真は付いているものの「300✕300」の低解像度のものです。

ハイレゾ版『THE END OF EVANGELION』のジャケット写真

昨今の流行りとして、iPadなどのタブレット端末をネットワークプレイヤーなどの音楽再生機器のリモコン代わりにするというものがあるのですが、このとき曲の再生時にはタブレット端末にもジャケットが表示されます。
これらの端末は年々高解像度化が進んでいるので、可能な限りジャケットも高解像度で保存しておきたいというのが個人的な願望なのですが、この点からこの仕様はちょっと残念でした。

感想

このサントラは97年のCD版発売当時からずっと聞き続けてきた思い入れのあるものなのですが、聴き慣れているからこそ、私のような素人でもCD版とハイレゾ版との比較もし易かったです。

CD版との違いが特に顕著だったのは「他人の干渉」・「真夏の終演」・「THANATOS」・「閉塞の拡大」・「甘き死よ、来たれ」あたりでした。

これらの楽曲は音の解像度が増し、一つ一つの音が生き生きとした印象でした。この後にCD版を聴くと音がかなりこもって聴こえてしまいます。
またハイレゾ版は高音がより響き、女性ボーカル曲は艶やかになりました。
そういった意味で、最も今回のハイレゾの恩恵を受けるのは、No.11「甘き死よ、来たれ」でしょうか。「THANATOS」もかなり良かったです。

逆に違いがあまりわからなかったのは「偽りの、再生」・「主よ、人の望みの喜びよ」あたりでした。
「主よ、人の望みの喜びよ」などのピアノの静かな曲では、私の耳程度では違いがわからないのですが、「偽りの、再生」もCD版とそれほど違いを感じなかったのは意外でした。

収録曲でいえばCD版と変わらないわけですから、CDを既に持っており、音質に特に不満の無い方は購入しなくてもいいと思います。
高音質を試したい方、或いは全曲はいらないけど「THANATOS」や「甘き死よ、来たれ」など人気の楽曲だけを聴きたいという方は個別に販売されているので、ぜひ購入してみてください。またダウンロード販売ですので、ネットワークオーディオ環境もあればさらに楽しめると思います。

私自身はハイレゾとCDを明確に区別できるほどの耳は持っておりませんが、長らく高音質版の発売(SACD版とか)を待っていたので購入した次第です(CD版は聴きすぎてボロボロですし)。
現物が無いのでグッズとはなりませんが、個人的にはCDを持っていても欲しくなるほどの名盤ですので、今回のハイレゾ版の発売には満足しております。
あとは最初にも書きましたが、「EVANGELION DEATH」のほうもハイレゾ配信してくれれば文句なしです。

参考HP

追記

いつも見ている「エヴァ緊急ニュース」さんでリンク張ってもらえました。
ちょっとでも参考になっていれば嬉しいです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

このページの先頭へ